GoPro Hero9 Blackが遂に発売!【最速で比較】

 

 
逆立ち旅ブロガー
9/16にGoPro Hero9 Blackが発売されました!
最速でHero9の特徴やHero8との比較をして特徴をご紹介します!
 
待望のGoPro Hero9 Blackが発売され、Hero8と比較すると機能面も大きく変わりました。
以前の記事、GoPro Hero7 Blackが故障【無償交換】する方法で、GoPro Hero8ではなくHero7を購入し、機能面が大きく変わるタイミングで買い替えた方が良いと書きましたが、その通りになりました。
 
結論:GoPro Hero9 Blackは買い
 
GoProを買い替えたい、アクションカメラが欲しいと考えている人は、このタイミングでGoPro Hero9 Blackを購入するのがおすすめです。
GoPro Hero9 Blackの機能や買うべき理由をGoPro Hero8と比較しながらご紹介します。
 
GoPro Hero9 Blackはこんな人におすすめ
  • アクションカメラの買い替えを考えている人
  • アクションカメラが欲しい人
  • 自撮りをしたり、Vlogを撮りたい人
  • YouTubeを始めたい人

 

本記事の内容

  • GoPro Hero9 Blackをおすすめする理由
  • GoPro Hero8から進化した機能
  • Hero9とHero8の比較

 

アクションカメラ、ジンバルカメラについてはアクションカメラおすすめ人気ランキング15選で解説しています。
 
Amazonでは、GoPro公式限定セットが68,400円で販売されています。
セット内容は、予備バッテリー+公式ストア限定非売品 メガホルダー+ステッカー。
 
GoPro公式では、1年間のGo Proサブスクリプション登録で割引になります。
Hero9+サブスクリプションありサブスクリプションなし
43,000円54,000円
Hero9 バンドルセット+サブスクリプションありHero9 バンドルセット
49,000円60,000円
 
Hero9 バンドルセットの場合、以下のセットになります。
・フローティングハンドグリップ
・マグネット付きスイベルクリップ
・スペアバッテリー
 
・無制限のクラウドストレージ
・GoPro.comで最大50%オフ
・カメラの完全交換補償
・32GBSDカード付属
 
 
逆立ち旅ブロガー
今のところ、GoPro公式でHero9 バンドルセット+サブスクリプションで購入する方がお得ですね!
 
スポンサードリンク

GoPro Hero9 Blackの機能が驚くべき進化

 

GoPro Hero9 Blackの機能面が大きく変わり、更にアクションカメラとして洗練された印象を受けます。

 

Hero9とHero8の主な性能比較

 

まずは、Hero8からHero9になりこれまでの機能でどこが変わったのか主な性能比較をしていきましょう!

 

 Hero9 BlackHero8 Black
写真20MP+SuperPhoto(HDR搭載)12MP+SuperPhoto(HDR搭載)
画角SuperView、広角、リニア、リニア + ホライゾンレベリング、狭角SuperView、広角、リニア、狭角
ビデオ5K/30fps,4K/60fps4K/60fps,2.7K/120fps
手振れ補正Hypersmooth3.0HyperSmooth 2.0 + ブースト
Wifi
ディスプレイ
防水性10m(ハウジング無し)10m(ハウジング無し)
バッテリー容量1720mAh1220mAh
サイズ(幅×高さ×厚み)71.0×55×33.6㎜66.3×48.6×28.4
重さ158g126g
価格(Amazon最安値)64,900円46,600円

 
逆立ち旅ブロガー
これまでの機能の中で主に変わった部分はここ!
 
注目ポイント
  • 写真が12MPから20MP
  • ビデオは最大4K/60fpsから5K/30fps
  • 手振れ補正のHyperSmooth2.0から3.0
  • バッテリー容量は1220mAhから1720mAhの30%向上

 

本体サイズが若干大きくなりましたが、機能やバッテリー容量を考えると許容範囲です。
(とは言っても158gしかありませんが。)

 

GoPro Hero9 Blackが更に進化した機能

今回のバージョンアップでは、Hero8と比較すると大幅に機能面が進化しました。

その機能を見ていきましょう!

 

前面ディスプレイ

何と言っても、今回の注目は前面ディスプレイですね!

遂に、GoProも前面ディスプレイを搭載してきました。

前面ディスプレイは1:1、16:9、従来版、非表示と変更できます。

 

 
逆立ち旅ブロガー
自撮りするときの確認も簡単になるので、自分の位置と背景の写り具合を確認できるのが良いですね。

 

HindSight

GoPro Hero9 Blackに搭載された、驚きの機能がHindSight。

どんな機能かというと、設定しておけば録画ボタンを押す30秒前からビデオを記録してくれます。

例えば、釣れた瞬間や野球で打った瞬間、サッカーでゴールが決まった瞬間に録画をスタートしても遅いですよね。

このHindSightを設定しておけば、撮りたい瞬間が起こったときに録画をスタートすれば、30秒前からの映像になり撮り逃しがありません。

 

 
逆立ち旅ブロガー
撮りたい瞬間を捉えるために、これまではずーっと録画しておく必要がありましたが、HindSight機能が搭載されたことで、その必要がなくなりました。

 

水平維持機構

カメラが傾いても、映像は水平を維持してくれます。

例えば、スキーやスノーボード、船の上などで撮影する際に、常に水平な映像を撮ることができます。

 

 
逆立ち旅ブロガー
釣り系のYouTuberにおすすめですね!
傾いた映像を見て、画面酔いする視聴者もいると思うので、常に水平を維持できれば安心して観ることができます。
 

スケジュールキャプチャー

サンセットや日の出、撮りたい時間が決まっているときに有効なのがスケジュールキャプチャー。

撮影開始時刻を事前にスケジュールできるので、わざわざ待ち構えて手動で録画スタートする必要がありません。

 
逆立ち旅ブロガー
スケジュールを設定して、あとは放置。
モーニングルーティンの撮影も楽チンですね!
 

デュレーションキャプチャー

スケジュールキャプチャーとは逆で、デュレーションキャプチャーを使用すると、自動で録画を停止するまでの時間を決めることができます。

録画をスタートして、ちょっと買い物に行くこともできますね!

 

Maxレンズモード

GoPro Hero8 Blackで、できなくなったレンズ交換ですが、GoPro Hero9 Blackでレンズの取り外しが可能となりました。

Maxレンズモードは別売りの超広角レンズと交換することで、GoPro Maxのような画角で撮れるようになります。

 

 
逆立ち旅ブロガー
より広角に撮影したいときにおすすめですね!
 

GoPro Hero9 Blackのアクセサリー

 

Hero8とHero9を比較してもらうと分かるように大きく進化しました。

その代償と言うべきか、Hero8を使用している人はアクセサリーの買い直しが必要です。

まず、バッテリーサイズが変わったので、これまでのバッテリーを使用することはできません。
Hero9用のバッテリーが必要になります。
 

Hero9で使えるアクセサリー

現時点で、Hero8でもHero9でも使えるアクセサリーは2つだけになります。

ディスプレイモジュラーライトモジュラー
 
 
逆立ち旅ブロガー
GoPro Hero9 Blackは前面ディスプレイが搭載されたので、ディスプレイモジュラーは必要ありませんね!
 
created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥6,100(2021/10/26 16:42:45時点 Amazon調べ-詳細)
 

Hero9で新しくなったアクセサリー

Hero9で新しく発売されるアクセサリーです。

レンズモジュラーメディアモジュラー
 
 
逆立ち旅ブロガー
メディアモジュラーは、本体サイズが大きくなったので、Hero8から流用することはできません。
Hero8を持っている人は、またモジュラーを買い集めるのは悩みどころですね。
ただ、本体だけでも十分な力を発揮してくれるので、モジュラー無しでもOK。
 

GoPro Hero9 Blackと併せて準備したいアクセサリー

Hero9はHero8と同様で、底面に折り畳み式のフィンガーがあります。

アクションカメラを使用していた人は、マウントなどを買い揃える必要はないでしょう。

もし、これからGoPro Hero9 Blackを買って楽しむぞ!っという方は参考にしてみてください。

 

保護フィルム

保護フィルムは絶対に必要です。

Hero9から前面ディスプレイが導入されたので、前面、背面、カメラの三ヶ所に保護フィルムが必要になります。

様々な環境で撮影するためにも必ず準備しましょう!

 

 

SDカード

推奨されているSDカードはSandiskのHUS スピードクラス1(U3)もしくはクラス10以上です。

特に4Kや5Kで撮影する場合は、転送速度が速く容量が大きいSDカードを選びましょう。

詳しくはアクションカメラで選ばれるmicroSDカード5選で解説しています。

 
created by Rinker
JNH販売
¥2,980(2021/10/26 16:42:47時点 Amazon調べ-詳細)
 

2in1の自撮り棒

三脚としても使えて、自撮り棒としても使えるUlanziの製品です。

Hero9の底面にある、折り畳み式のフィンガーに装着すれば、簡単に三脚としても自撮り棒としても使えます。

長さと角度が調整でき軽くて丈夫なのでおすすめです。

 

created by Rinker
Ulanzi Official
¥1,598(2021/10/26 16:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

 
逆立ち旅ブロガー
これからGoProユーザーになる人は、とりあえず三つのアクセサリーを準備すれば大丈夫です!
 

GoPro Hero9 Blackが遂に発売!【最速で比較】まとめ

今回は、大幅にアップグレードされたGoPro Hero9 Blackをご紹介しました。

GoPro Hero8 Blackと比較をしても、確実にHero9の方がおすすめですね。

GoPro Hero7 Blackを使用して、我慢して待っていた人にとっては嬉しい限りでしょう!

今回のGoPro Hero9 Blackに関しては、初期費用は高く感じますが、Hero9を一台持つだけで写真や動画の幅が広がります。

特にモジュラーの必要性もあまり感じませんので、結果的に安上がりになるのではないでしょうか。

 

 

 
逆立ち旅ブロガー

GoProを買い替えたい人、これからアクションカメラを買いたい人にとってGoPro Hero9 Blackはおすすめです!

 

人気記事海外旅行にカメラ【GoPro(ゴープロ)がおすすめな理由】

Amazonチャージで更にお得に!
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!