海外旅行にカメラ【GoPro(ゴープロ)がおすすめな理由】

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴

奥様はベトナム人
海外旅行に行くけど、カメラはどうしようかな?
アクションカメラのGoproはどうかな…
初めてGopro(ゴープロ)を手に取る人の悩みを解決する記事です。
「海外旅行で手軽に綺麗な写真を撮りたい」
手軽に自撮りをしたい」
「SNSに手軽にアップしたい」
ビデオも撮りたい」
ビーチでも使いたい」
アクションカメラのGoproは海外旅行の思い出づくりにおすすめなカメラの一つです。
もちろん、最近はスマホでも綺麗な写真や動画が撮れるし、一眼レフやコンデジもおすすめですが、GoProにはGoproならではの良さがあります。
GoPro(ゴープロ)が海外旅行におすすめな理由を解説したいと思います。
目次
スポンサードリンク

本記事の内容

  • GoPro(ゴープロ)の特徴
  • GoPro(ゴープロ)が海外旅行におすすめなカメラの理由
  • 購入前に知っておくGoPro(ゴープロ)のデメリット
  • 海外旅行におすすめなGoPro(ゴープロ)の拡張アクセサリー
  • GoPro(ゴープロ)スペック比較
  • 海外旅行におすすめGoPro(ゴープロ)アクセサリー

 

GoProは海外旅行で臨場感が溢れる映像や写真を撮れるカメラだと思っています。

 

アクションカメラに少しでも興味がある
GoProのことを知りたい
GoProならではなフォトジェニックな写真を撮りたい
動画も撮りたい
雨や水、海、汚れを気にせずに写真や動画を撮りたい
そんな方にGoProの魅力をお伝えしたいと思います!

本記事の内容

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴

まずは初めての方に向けてGoPro(ゴープロ)を分かりやすく紹介します。

GoProは知ってるから、おすすめな理由を早く教えて!という方は飛ばしてくださいね!≫おすすめ理由までスキップ

私はGoPro Hero7 Blackを愛用していますが、GoProのカメラに共通していることをご紹介します。

GoPro(ゴープロ)の特徴

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 防水

アクションカメラの醍醐味といえば、雨の日でも、海でも土や砂にまみれながら臨場感が溢れる映像が撮れるところです。

GoPro(ゴープロ)は耐久性と防水性が優れている!

ハウジングなしでHero7、Hero8が10m

ハウジングありで45~60m(ハウジングによる)

一眼レフやコンデジ、スマホの防水機能で無理でもGoProなら気軽にどこでも使えます。

GoPro(ゴープロ)といえば防水・頑丈!

Hero7 BlackとHero8 Blackを比べると若干、Hero8 Blackが大きくなりました。(若干です。)

Hero7 Black Hero8 Black
サイズ 幅 62.3 x 高さ 44.9 x 奥行き 33 (mm) 幅 66.3 x 高さ 48.6 x 奥行き 28.4 (mm)
重量 116g 126g

どちらもポケットに入るサイズで、荷物にならない大きさです。

この小さなボディに詰め込まれた高性能を体験して欲しい!

GoPro(ゴープロ)は高性能でもサイズはコンパクト

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 写真 動画

細かい初期設定もできますが、慣れるまではオートで手軽に撮影でOK。

ただ、ボタンを押すだけで驚くような写真と動画が撮れます。

コンパクトサイズだからと言ってGoProの撮影機能を舐めてはいけません。

Hero7 Black、Hero8 Black、両方とも主に4K(60fps)、2.7K(120fps)、1080p(240fps)で動画撮影できます。

また、撮影モードは他にも「TimeWarp」「タイム ラプス」「ショート クリップ」もあるので、色々な撮影を楽しむことができます。

スポンサードリンク

写真や動画撮影が簡単

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 カメラ

  • GoPro(ゴープロ)のカメラ機能は高性能!

12MP+スーパーフォト(HDR)搭載(Hero8 Blackは高性能HDR搭載)

GoProの12MPはiPhone11Pro Maxと同じでA4サイズに綺麗に印刷できる画素数です。
  • カメラ性能

HyperSmoothとは安定化機能で、手振れ補正してくれます。

GoProだけでも、ジンバルに取り付けて撮ったかのような映像撮影が可能です。
  • HyperSmooth(ハイパースムーズ)

SuperView、広角、リニア、これに加えてHero8 Blackでは狭角を選ぶことができるようになりました。

GoProの特徴、魚眼で超ワイド、広角にも、普通の写真も撮ることができます。
  • カメラの画角が選べる

GoProでは、バースト写真(1秒間に30枚)やナイトフォト、ループ、タイムラプス(フォト・ビデオ)、ナイトラプスフォト、スローモーションなど多彩な撮影モードがあります。

GoProのナイトフォトモードは驚くほど綺麗な写真を撮ることができますよ!
  • スポンサードリンク

    撮影シーンに合わせてモードを選べる

撮った写真をすぐにスマホに送ることもでき、簡単な編集でSNSへの投稿もできます。

GoPro Plusに加入して連携すると、コンセントに繋がればWi-Fi接続され自動アップロードしてくれるので便利です。

GoPro Plusに加入すると、クラウドストレージ無制限、故障による交換/年2回、アクセサリー50%オフになります。
奥様はベトナム人
私はGoPro Plusに助けられました!
関連記事

奥様はベトナム人 海外旅行のお供「GoPro Hero7Black」が故障しました…。 急に電源が入らなくなりました。 修理したいけど、どうしたら良いかなぁ… こんな悩みを解決する記事です。 この記事では、Go[…]

  • Wi-Fi、Bluetooth対応

GoPro専用アプリと連携すると、リアルタイムでの映像確認や、スマホへのデータ保存、写真・動画の簡単な編集、SNSへの投稿ができます。

スマホからのGoProの設定も可能になります。

専用アプリとの連携

  • 連続写真撮影
  • 写真タイマー
  • 音声コントロール
  • 音声起動
  • ライブストリーミング

 

奥様はベトナム人
GoProはコンパクトサイズですが、驚くほど高性能な機能が詰め込まれているのが分かりますね!

その他にも、GoProにはこんな機能があります。

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴

いよいよ本題です。

GoProがなぜ海外旅行におすすめなカメラなのかを解説していきたいと思います。

  1. 臨場感溢れる写真や動画が撮りやすい
  2. 海外でのアクティビティで臨場感のある面白い映像が撮れる
  3. コンパクトサイズなので荷物にならない
  4. SNSでのシェアが簡単
  5. 他人に頼む必要も、距離に悩むこともなく自撮りが簡単にできる
  6. 動画から写真を切り取れる
  7. サポートがしっかりしている

一つずつ解説していきます。

GoPro(ゴープロ)が海外旅行におすすめなカメラの理由

GoPro 海外旅行 自撮り おすすめ

一眼レフなどでは、レンズによって撮れる距離が決まるので、画角に入りきらないときがあります。

海外旅行で壮大な自然や綺麗な海を撮りたいのに撮れない。そんな悩みを一発で解決してくれます。

GoProはSuperView、広角、リニアで撮れるので、ほとんどの対象物を近距離から画角に入れることができます。

もちろん、普通の写真も撮れるので用途に合わせて使ってください。

海外旅行 GoPro マリーナベイサンズ

旅行でシンガポールに行った際に、記念でマリーナベイサンズを背景に撮りましたが、カメラがGoProでなければこれだけ近づいて全体を移すのは難しいです。

スポンサードリンク

①臨場感が溢れる写真や動画が撮りやすい

海外旅行 GoPro おすすめ

何よりもGoProの魅力は「海、山、川」など、どんなアクティビティにも対応できること。

一眼レフやコンデジ、スマホだと撮れる環境、撮れない環境ありますが、GoProにはほとんど関係ありません。

動画で撮影することで、海外旅行でのアクティビティを臨場感、迫力そのままに残すことができます。

海外旅行から帰ってきたあとも、GoProなら自分の視点や自分を撮影しながらの映像を迫力満点で楽しみことができます。
一眼レフやコンデジ、iphoneだと自撮りをしながら迫力ある映像を撮るのは、なかなか難しいですね。
コンパクトサイズでありながら、広角に撮れるGoProならではです。

②海外でのアクティビティで臨場感のある面白い映像が撮れる

海外旅行 GoPro おすすめ 小さい

特徴でも紹介しましたが、GoProは120g前後です。

海外旅行に1週間も行けば、相応の荷物になりますが、GoProなら荷物の隙間にも入れることができます。

何ならポケットに入れて持って行く事もできます。

一眼レフなどは、重いうえに交換用のレンズ、バッテリーなどを考えると荷物としてかさばるので大変です。

海外旅行へ行くと、小さなリュックやカバンで出歩く方が楽なので自由度が高まります

荷物は少ない方が良いけど、綺麗な写真や迫力ある動画を撮りたい。そんな方にGoProがおすすめです。

防犯の面でも、一眼レフを持った観光客はお金持ちに見えるので、GoProならリスクを減らせます。

③コンパクトサイズなので荷物にならない

海外旅行 GoPro おすすめ SNS Instagram YouTube Twitter Facebook

GoPro専用アプリを使用すると、その場で簡単にSNSでシェアできます。(Instagram、YouTube、Twitter、Facebook)

GoPro専用アプリのQuikを使用すると、手軽に動画も作ることができます。

GoProの設定で「Time Warp」を使用して撮影すると、短編動画で海外旅行の雰囲気をSNSでシェアできるのでおすすめです。

「スローモーション」を使って、水しぶきや海へ飛び込む瞬間を撮影しても面白い映像を撮ることができます。

④SNSでのシェアが簡単

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴

海外旅行で風景も撮りたいですが、やっぱり記念に自分が写った写真も撮りたいですよね!

海外で一眼レフなどで、三脚を用意したり、誰かにお願いして撮ってもらうのも気が引けますね。

奥様はベトナム人
三脚で撮ったり、お願いして撮ってもらうときに持ち逃げされる可能性もゼロではないですからね。。。
GoProなら、自撮り棒なくてもGoPro本体だけで自分を画角に入れて撮ることができます。
もちろん、自撮り棒があると更に広範囲を撮ることができます。
高いところや低いところ、撮れないような角度から面白い写真や動画を撮ることができます。

⑤他人に頼む必要も、距離に悩むこともなく自撮りが簡単にできる

海外旅行 GoPro おすすめ SNS 切り抜き ハイライト

動画も写真も撮りたいときがありますが、同時には無理ですよね。

そんなときでもGoProなら、パソコンでもスマホでも動画の中から画像を切り抜くことができます。

シーンを探すのが面倒くさいときは、撮影しながらハイライトタグをつけることで、あとから簡単に切り抜きたい場面を見つけることができます。

海外旅行 GoPro おすすめ SNS ハイライト 切り抜き

奥様はベトナム人
ハイライトの部分を切り抜いても綺麗な写真になりますよ!
ちなみに、トップページのモスクの写真も、動画から切り抜いた写真を使用してます。
この写真↓
海外旅行 GoPro おすすめ SNS ハイライト 切り抜き
「あのときのシーンの写真がない!」となっても、動画から切り抜いたら大丈夫です。
また、ハイライトをつけた動画のみに絞り込んだりシーンを探せるので便利です。
写真と動画を別々で撮るのが面倒な人は、基本的に動画で撮ってあとから写真を切り抜くと楽です。
スポンサードリンク

⑥動画から画像を切り抜ける

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴

つい最近、GoPro Hero7Blackが故障してしまいました。

急に電源が入らなくなりました。

カスタマーサポートに連絡したところ「神対応」でした。

そのときの様子は別記事で紹介しています。

関連記事

奥様はベトナム人 海外旅行のお供「GoPro Hero7Black」が故障しました…。 急に電源が入らなくなりました。 修理したいけど、どうしたら良いかなぁ… こんな悩みを解決する記事です。 この記事では、Go[…]

⑦サポートがしっかりしている

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 デメリット

GoProの良いところを紹介しましたが、そんなGoProにもデメリットがありますので、購入前に知っておきましょう。

購入前に知っておくGoPro(ゴープロ)のデメリット

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 値段

GoProは高性能な分、価格が高くなります。

公式サイトで最新の「GoPro Hero8 Black」は本体価格が50,800円になります。

Pay Payモールやキャッシュレス還元などを使用すれば、もう少し安く買うことができます。

Go Pro HERO8 BLACK ゴープロ正規品+ 予備バッテリー・ショーティ・ヘッドバンドセット 限定ボックス
created by Rinker

GoPro Hero8 Blackの一世代前の「GoPro Hero7 Black」で本体価格が40,800円~になります。

Go Pro HERO7 BLACK本体 (国内正規品) ゴープロ CHDHX-701-FW
created by Rinker

Amazonや楽天、Yahoo!の公式サイトから購入すれば、キャッシュレス還元やPay Payモールでもう少し安く購入することもできます。

1回の旅行でしか使わない方にはおすすめできませんが、よく海外旅行に行く、国内でも冬はスキー、夏は海で遊ぶという方にとっては良い買い物になります。

あまり海外旅行に行く機会がない人でも、GoProを使いたい人にはレンタルサービスもあります。

2泊3日のレンタルでHero8 Blackが10,530円~、GoPro Hero7 Blackが9,580円~になります。≫GoPro格安レンタル(防水自撮り棒、充電器、予備バッテリー、防水ハウジング、SDカード含む)

①価格が高い

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 値段 バッテリー

長い時間、動画を撮りたい人にとっては辛いところです。

バッテリーは1220mAhです。

コンパクトサイズなので、仕方のないことですね。

②バッテリーの持ちが悪い

スポンサードリンク

GoPro Hero7 Black

4K60 40~50分 4K30 (4:3) 67 分
4K30 85~90分 4K60 47 分
2.7K60(4:3) 60~65分 4K30 74 分
2.7K120 30~45分 2.7K120 45 分
1440p120 50~55分 2.7K60 (4:3) 60 分
1440p60 70~75 分 2.7K60 70 分
1080p240 35~50 分 1440p120 65 分
1080p120 40~55 分 1440p60 77 分
1080p60 85~90 分 1080p240 50 分
960p240 75~80 分 1080p120 50 分
960p120 80~85 分 1080p60 81 分
720p240 85~90 分

GoProを使う場合には、予備バッテリーが必須になります。

バッテリーが切れて、撮りたいときに撮れなかったということにならないようにしましょう。

GoPro Hero8 Black

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 熱暴走

GoProは雪や寒冷地でも動作するように、バッテリーウォーマーがあり、発熱しやすくなっています。

熱暴走して、電源が切れない、入らない、フリーズするなどの症状が出ることがあります。

  • 50fpsを超える高フレームレートでの撮影
  • ハウジングやカバーの装着
  • カメラとGopro専用アプリの同時使用
  • ディスプレイを常時オン
  • 直射日光下での使用

特に真夏に陸地で使う場合、ハウジングやカバーを装着して使用すると、熱がこもりやすくなるため、高温になります。

カバーをアルミ製に変えたりすることで、熱を放出することもできます。

夏場は、できるだけ本体に風が当たるようにしてあげることが必要です。

③熱暴走することがある

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 ズーム

GoProは動画を撮るのに適しているため、ズーム性能はそこまで期待できません。

ある程度のズームは出来ますが、どちらかと言うと大きい被写体に近づいて迫力や臨場感を出すことに適しています。

④ズームに限界がある

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 ぼかし

GoProは「ぼかし」を効かせた写真を撮ることができません。

ぼかし写真を撮りたいときは一眼レフやスマホを使った方がいいです。

その代わり、自分の目で見たものと同じものを写真や動画で撮影することができます。

自分で味わった迫力や臨場感を誰かに伝えることに適しています。

⑤ぼかした写真は撮れない

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 比較

GoPro Hero7 BlackとGoPro Hero8 Blackを比較しました。

GoPro Hero7 Black GoPro Hero8 Black
サイズ 幅 62.3 x 高さ 44.9 x 奥行き 33 (mm) 幅 66.3 x 高さ 48.6 x 奥行き 28.4 (mm)
重量 (カメラ + バッテリー) 116g 126g
バッテリー 着脱式 1220 mAh リチウムイオン充電式 着脱式 1220 mAh リチウムイオン充電式
ビデオ安定化 HyperSmooth HyperSmooth 2.0
Time Warp TimeWarp TimeWarp 2.0
写真 12 MP + スーパーフォト (HDR 搭載) 12 MP + スーパーフォト (高性能 HDR 搭載)
デジタルレンズ SuperView、広角、リニア SuperView、広角、リニア、狭角
動画 78 Mb/s (4K) 100 Mb/s (2.7K および 4K)
耐久性、防水性 10m 10m
モジュラー対応
(メディア、ディスプレイ、ライト)
音声コントロール・起動
ライブストリーミング 720p 1080p
タッチスクリーン
HDMIポート HERO8 Black 用メディア モジュラーを使用
交換式レンズ
Wifi+Bluetooth

正直、Hero7とHero8の差はあまりありません。

スポンサードリンク

GoPro(ゴープロ)スペック比較

  • デジタルレンズに狭角モードが加わった
  • 動画のビットレートが向上した
  • モジュラー対応
  • ライブストリーミングの画質
奥様はベトナム人
個人的には、GoPro Hero7 Blackは保護レンズを交換できるので、割れたリ傷が入った場合を考えるとHero7をおすすめします!
水中で使う場合には、フィルターを使用することで、実際の色により近い色で撮影することができます。
  • レッドフィルター≫浅海用3~5m【青い水、淡水をクリアにする】
  • マゼンダフィルター≫淡水用2.5~22m【緑色に見える淡水湖や貯水池で鮮明な色に】
  • ピンクフィルター≫熱帯の水中用3~25m【青色、熱帯の水中でキレイな色味】
  • イエローフィルター≫コントラスト強調【夜間の写真やビデオ撮影に】
奥様はベトナム人
肉眼により近い色を再現して撮影することができますよ!

GoPro Hero8 Blackで拡張した部分

GoPro 海外旅行 おすすめ 特徴 アクセサリー

GoProのアクセサリーは種類が多く、拡張性にも優れています。

アクションカメラとして、シーン別に使い分けることができますが、その中でも基本的に準備が必要なものと海外旅行などであると便利なものを紹介します。

海外旅行におすすめGoPro(ゴープロ)アクセサリー

必ず必要なのが、データを保存するためのmicroSDカード。

GoProでは推奨SDカードがあり「SanDisk」使うようにとあります。

人にもよりますが、64GBを2枚買うか、128GBを1枚買うかに分かれます。

SunDiskのmicroSDカードにはクラスがあります。

読み取り、書き込み速度、スピードクラスがあり、以下の順で早いです。

  1. Extreme PRO
  2. Extreme
  3. Ultra
  4. Standard
microSDXC 128GB SanDisk サンディスク Extreme PRO
created by Rinker

私は128GBを1枚購入して使っていますが、今のところ問題ありません。

Amazonなどで極端に安いものは模造品の可能性もあるので注意が必要です!

【必須】microSDカード

GoProを使うなら予備バッテリーは必須になります。

特に動画をメインで撮る人はバッテリー減りが早いので、2~3個は必ず持っていた方が良いです。

充電器とバッテリーのお得なセットもあります。

デュアルバッテリーチャージャーなら、バッテリーを2個同時に充電できます。

GoPro本体も合わせるバッテリーを3個充電できるので、セット+バッテリー1個を買えば十分です。

あまりオススメはできませんが、互換バッテリーのTELESINもあります。

万が一、壊れるのが嫌な人はGoPro純正のバッテリーを使いましょう。

TELESIN 収納ボックス式 交換バッテリー×2個 3個同時充電
created by Rinker

【必須】予備バッテリー

画面やレンズに傷が入ると後悔することになります。

特にアクティビティに使う人や、よく落としてしまう人は必ずつけた方が良いです。

保護フィルム 硬度9H液晶保護フィルム カメラ保護シート
created by Rinker

【必須】液晶保護フィルム

カメラ グリップ、延長アーム、三脚の 3 通りで使用できます。

折りたたみ式のアームなので、色々な角度からマウントの写り込みを気にせずに自撮りができます。

ハンドルはグリップにもなり、軽量のミニ三脚が収納されています。

【国内正規品】 GoPro アクセサリ 3-Way
created by Rinker

3-Wayだけではなく、他のアクセサリーも欲しいという人にはセットもあります。

アクセサリー自体は何を使っても問題ないので、色々なアクセサリーが入ったセットを安くで買って使ってみるのも良いです。

3-Way(グリップ | アーム| 三脚)

GoPro 海外旅行 おすすめ 夜景

海外旅行では何があるか分かりません。

旅先でGoProを使うことで、思いもよらぬ映像が撮れたりします。

また、帰国後に写真や動画を見て海外旅行の楽しさを思い出し笑ったりできますね。

最近ではSNSでショートクリップが流行っていたりしますので、迫力や臨場感溢れる動画や写真をシェアして楽しめます!

コンパクトなGoPro1台で「海、山、川、雪」に対応できて、様々なアクティビティを記録に残すことができます。

奥様はベトナム人
海外旅行で最高の映像を残しましょう!
Go Pro HERO8 BLACK ゴープロ正規品+ 予備バッテリー・ショーティ・ヘッドバンドセット 限定ボックス
created by Rinker
Go Pro HERO7 BLACK本体 (国内正規品) ゴープロ CHDHX-701-FW
created by Rinker
「高いし、一度試してみたい」「あまり海外旅行はしないから一度だけ使いたい」という人にはレンタルサービスがあるので、試してから購入するのも良いと思います。
レンタルしてみて、気に入ればそのまま買取OKのサービスもあります。
GoPro・カメラ・家電のガジェットレンタルサービス≫【送料0円、保証料0円】格安GoProレンタルのモノカリ
いかがだったでしょうか?
私は海が好きなので東南アジアへ行くことが多いのですが、GoPro Hero7 Blackを購入してから海外旅行のクオリティが上がりました。
海外旅行にGoProを持って行けば、面白い写真や動画を撮れます。
この記事が参考になり、皆さんの海外旅行が更に楽しくなれば幸いです。
Good Luck!
関連記事

奥様はベトナム人 海外旅行に行くのにインターネットはどうしよう… こんな悩みを解決する記事です。 本記事では、大手レンタルWifiを含め徹底解説と比較をします。 海外旅行なので、日数などにも左右されますが、それも[…]

関連記事

奥様はベトナム人 海外旅行に行くけどわざわざレンタルWifiを借りるのが面倒だな… こんな悩みを解決する記事です。 国内でデータ通信費を抑えたい、海外旅行にも行く人におススメの内容となっています。 その前に…[…]

海外でも使えるレンタルWifiをお探しの方の参考になれば幸いです。
関連記事

奥様はベトナム人 皆さんは旅行へ行く時、ホテルの予約はどうしていますか?! 旅行へ行く際に、必ず必要なのでホテルの予約。 少しでも良いホテルに、少しでも安く泊まる方法をご紹介します。 ブッキングドットコムで比較 […]

関連記事

海外旅行保険 クレジットカード 自動付帯をご紹介です。 海外に旅行や出張で行く場合、海外旅行保険に加入していますか? 日本の健康保険は優秀で、海外に出れば病院で高額な費用が掛かります。 自費でも健康保険加入者は払い戻しがある […]

最新情報をチェックしよう!