【最後の楽園】ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)がおすすめ~前編~

ベトナム ビーチ リゾート Phu Quoc Island フーコック島

 

 
逆立ち旅ブロガー
ベトナムに来て初めての旅行はリゾートがいいなぁ…。
海が綺麗なリゾートを探そう!
 
ベトナムに来てから初めての旅行は、リゾートでカウントダウンを楽しむことにしました。
インターネットで色々と調べてみると、どうやらホーチミンとカンボジアの間にある離島のビーチが良さそうということでPhu Quoc島(フーコック)に決めました。
 
えっ?ベトナムってどこにあるの?
ベトナムにビーチリゾートなんてあるの?
 
ベトナムのイメージと言えば、「ベトちゃんドクちゃん」やベトナム戦争のイメージが強いと思います。
実際、私もベトナム来る前と来たあとでは、全然イメージが変わりました。
そんなベトナムのビーチリゾート、Phu Quoc島(フーコック)の魅力を伝えたいと思います。

 

スポンサードリンク

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)の行き方

 

日本からフーコック島への直行便はありません。

ハノイやダナン、ホーチミンから乗り継ぎで行く必要があります。

今回、私はハノイから行ったのでハノイからの料金などをご紹介します。

 

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)とは?

  • 雨季 5~11月以外は乾季で平均気温は27℃
  • 島は道路で130㎞ほど
  • 数多くのビーチがあり、欧米人も訪れるビーチリゾート
  • 魚醬のヌックマムや胡椒が有名
  • ベトナム全土で数千匹しかいないフーコック犬も有名

 

ハノイからPhu Quoc島(フーコック)へ

ハノイからPhu Quoc島(フーコック)は約2時間10分です。

日本から経由便で行く場合は、ホーチミンでの乗り継ぎがおすすめです。

ハノイかホーチミンも旅行の行先に入れると良いかもしれませんね。

チケット代は二人で往復7,580,000VND(約36,000円)でTrip.comが安かったです。

日本からの場合、HISでツアープランなどを探すと安く手配が楽かもしれません。

 

ホテルの予約

 

ホテルの予約はAgodaBooking.comで探しました。

どちらもセールが多く、良いホテルに格安で泊まることができます。

ベトナムでは1泊1万円出せば、かなり良いホテルに宿泊でき、通常は5,000円も出せば十分です。

ホテルはビーチに歩いて行ける距離が良かったので、徒歩2分で行けるBrenta Phu Quoc Hotel(ブレンタ フーコック ホテル)Booking.com選びました。

 

 

6泊で7,599,384VND(約36,600円)、朝食のビュッフェも美味しく、接客も気持ちの良いホテルで快適な6日間を過ごせました。

 

Booking.comでPhu Quoc島(フーコック)の一覧を見てみる

 

 
逆立ち旅ブロガー
Booking.comでホテルを予約する場合、Booking.comカードがあると便利です。
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯し、決済やホテル利用でポイントもつくので、最大16%もお得になります。
【年会費無料】Booking.com カードが選ばれる4つの理由【海外旅行保険自動付帯】

 

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)の一日目

ベトナム ビーチ リゾート Phu Quoc Island フーコック島 空港

 

気温差があり、ハノイは10度前後、Phu Quoc島(フーコック)で35度前後で、「これぞ南国のビーチリゾート!」っとテンションが上がりました。

フーコック国際空港からホテルまでは約15分で、まだまだ未開発の地域ですがホテルに近づくにつれ賑わっていました。

それでも、めちゃくちゃ観光客が多いわけでもなく最高の雰囲気です。

 

ホテルにチェックイン

 

ホテルにチェックイン後は早速、歩いてビーチへ。

歩いて2分でこのビーチがあるって最高じゃないですか?

ハロン湾などと違て、水も綺麗で欧米人が楽しんでいました。

まさかベトナムでこんなビーチを見れるとは思っていなかったので、とりあえずホテルへ戻り、バイクをレンタルして水着を買いに行きました。

 

バイクのレンタルは1日600円前後で、Phu Quoc島(フーコック)は車も少ないので走りやすいですが、欧米人がバイクで飛ばすので注意が必要です。(※借りる場合は責任です)

 

バイクを走らせ、水着が売ってそうな市場などを見て回りました。

 

街の市場は活気に溢れ、面白そうな雰囲気を醸し出していました。

 

熱さと移動で、少し疲れたので一旦ホテルへ戻り少し休憩をして、夕方に少し涼しくなってから海へ…

 

この日は泳ぎはせず、ビーチを散歩してリゾート気分を味わいました。

 

ベトナムのビーチリゾートから見るサンセットは真っ赤に燃え最高でした。

ベトナム Phu Quoc フーコック 感想

 

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)の2日目 ナイトマーケット

ベトナム ビーチ リゾート ホテル ビュッフェ

 

年末年始の休みということもあり、いつもより遅い時間に目を覚まし、ホテルのレストランでビーチを見ながら朝食を食べて、前日レンタルしておいたバイクでPhu Quoc島(フーコック)を探索。

バイク移動だと、車移動で見えないところや発見があり、すぐに止まることができるので便利です。

 

 

上から見ても透き通った綺麗な景色。

 

 
逆立ち旅ブロガー
海を眺める彼女の写真がお気に入りです

 

東南アジアと言えばナイトマーケット

ベトナム ビーチ リゾート Phu Quoc Island フーコック島 ナイトマーケット

 

2日目の目的はナイトマーケット。

露店も多く観光客で賑わっていました。

ビーチリゾートということもあり、海鮮料理が好きな彼女の希望で有名なお店へ行きました。

 

 

海鮮料理のお店もたくさんあり、悩むと思いますが色々と値段を見ながら見て回る方が良いです。

㎏表示ですが、量り売りなので食べたい量かグラム数を言えば大丈夫です。

外国人だと高めに言われる可能性もあるので、値段を見て回り相場を確認しましょう。

2日目は特に何かをしたわけでもなく、Phu Quoc島(フーコック)を街を少し探索して、ビーチで泳いで、お腹いっぱい食べて満足でした。

 

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)の3日目 Sao Brach(サオビーチ)

ベトナム ビーチ リゾート Phu Quoc Island フーコック島 SaoBeach サオビーチ

 

ベトナム最後の楽園と言われいるビーチリゾートのPhu Quoc島(フーコック)ですが、特徴は数多くのビーチがあり場所によりビーチの顔が違うことです。

ホテルから徒歩2分のビーチはLong Beach(ロングビーチ)で20㎞続きます。

3日目はホテルから約25㎞離れたSao Brach(サオビーチ)にレンタルバイクで行くことにしました。

 

道中、胡椒畑に立ち寄る

Phu Quoc島(フーコック)の胡椒が有名で、観光バスで大勢が訪れる場所にもなっている胡椒畑に立ち寄りました。

 

お土産で胡椒を少しだけ買いました。

Phu Quoc島(フーコック)の胡椒は風味もよく美味しいので、ぜひ味見してみてくださいね。

 

 

Sao Brach(サオビーチ)に到着

道中、この道で合ってるのかな?と若干不安になりながらも、無事にSao Brach(サオビーチ)へ到着。

少し林の中を走らないといけなかったりするので、地図がないと不安になります。

寄り道をしながら、約1時間かけて到着したその場所は白い砂と綺麗な海が広がっていました。

 

綺麗なビーチで泳ぎつつ、波の音を聞きながらゴロゴロしたちと、ビーチリゾートならではを味わいました。

あまり暗くなると、街灯の少ないPhu Quoc島(フーコック)は危ないので、早めに帰路につきました。

約1時間の道のりなので、帰りは違う道を使いましたが、映画に出てきそうな先の見えない一直線の道に。

 

 

 
逆立ち旅ブロガー
道が整備されているところと、そうでないところがあるので、運転には注意が必要です。
 

ヌックマム工場へ

帰りも寄り道をして、有名なヌックマム工場へ。

 

工場内は自由に見学ができ、ヌックマムや乾物などのお土産を買う事ができます。

ヌックマムは飛行機持ち込みが専用の箱に入れる必要があります。

その専用の箱が高く、ハノイでも購入できるので購入しませんでした。

 

 

ホテルへ到着後、再びビーチへ

 

ホテルへ無事に到着し、喉を潤しながらサンセットを眺めました。

 

 

 
逆立ち旅ブロガー
加工無しでこの景色が見られるなんて最高すぎです…
 

ベトナムのリゾートならPhu Quoc(フーコック)~前編~まとめ

前編では、ベトナムのビーチリゾート、Phu Quoc島(フーコック)への行き方や旅費をご紹介しました。

 

Phu Quoc島(フーコック)に到着後に行った場所
  • Long Beach(ロングビーチ)
  • Sao Beach(サオビーチ)
  • ナイトマーケット
  • 胡椒畑
  • ヌックマム工場
 
綺麗なビーチに最高の景色、美味しい海鮮料理と初日から言うことなしの充実ぶりです。
後半編は4日目のカウントダウンパーティーやシュノーケルリングツアーへの参加です。
 
Phu Quoc島(フーコック)で私が行った場所は地図にピン止めしています。
ピンからGoogleマップを開いて、経路を調べることができるのでブックマークしおくと便利です。

 

 

JTBで行くフーコック島(航空券+ホテル+朝食)

 

人気記事【おすすめ5選】海外旅行保険が使えるクレジットカード

 

今回準備した物

新素材 防水バッグ
4.5

防災バッグにもなる、防水バッグのスマホ用防水ケース セットです。
ビーチへ行くと、荷物に困りますが、このバッグがあると汚れや水を気にすることがありません。
海外はスピードボートで移動する事も多く、水に濡れるので荷物やお金の管理をする為にも持っておくと便利です。

マリンシューズ
4

マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用
マリンスポーツでの裸足は危険です。
牡蠣殻や貝、毒を持った魚に刺される事があります。
怪我をしないためにもマリンシューズは必須です。

ラッシュガード レディース
4

女性に嬉しい 紫外線対策されたラッシュガード(豪華5点セット)
通気性、伸縮性に優れた素材を使って、フィット感がよく波の中でも動きやすいです。
肌を守るためにもビキニの上にラッシュガードがあるとマリンスポーツを楽しめます。

ラッシュガード メンズ
4

ラッシュガード メンズ 豪華二点・三点セット[UVカット UPF50+・吸汗速乾]
海外でのマリンスポーツは危険も伴います。
クラゲに刺されたり、岩で肌を傷つけない為にもラッシュガードをおススメします。

日焼け止め スーパーモイスチャージェル
4

スキンアクア (SKIN AQUA) 日焼け止め スーパーモイスチャージェル 潤い成分4種配合 光耐久技術採用 (SPF50 PA )
水にも強い日焼け止めです。
石けんでするんと落とせます。顔・からだ用で、化粧下地にもオススメです。

旅のお供おススメ機器

Air Sim
3.5

チャージ式SIMカードで世界102ヶ国で使用可能です。
既にUSD20がチャージしてあるので、すぐに使用可能です。
チャージもアプリから課金でき、事前に設定することで海外に到着後、Simを入れ替えるだけですぐに使用できます。
離島に行くとたまにインターネットが弱い時があります。【正規代理店販売】

GoPro HERO7 Black
4

GoPro HERO7 Black
旅行に行くのにアクションカメラは必須です。
ハウジング無しで水中撮影ができ、映像、写真も綺麗です。
炎天下の中では、熱暴走もありますのでマイナス評価。
最新のGo Proが発売されたので、価格が下がった今がチャンス。

TELESIN GoPro 収納ボックス式 3ポートUSB充電器
4

収納ボックス式 3ポートUSB充電器
USB Type-Cで3個同時充電可能。
スマートLEDライトインジケータは、バッテリの過充電を防止し、赤色光は充電し、緑色光は充電完了を示します。
バッテリーを入れたまま持ち運べるので荷物にならず便利です。

SanDisk Ultra
4.5

【 サンディスク 正規品 】 10年保証 microSDカード 128GB
Class10のmicroSDカードがこの価格で買えるようになりました。
最大転送速度30MB/秒でGo Proの推奨SDカードです。

Anytek 指紋ロック
3.5

防水式の指紋認証ロックです。
この指紋ロックは最大10人の指紋IDが登録可能。
1回の充電で最大1000回の使用が可能。
海外旅行でのバックのロックにおススメ。

Amazonチャージで更にお得に!
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!