【最安値を検証】海外で使えるポケットWiFiを徹底比較

海外旅行 ポケットWiFi 比較

 

海外で使うWiFiでどこが安くて使いやすいか教えて欲しい。
 
海外へ行ってインターネットに接続するときはどうしていますか?
現地SIMカードを購入、レンタルポケットWiFi、現地のフリーWiFiを使用など様々な方法がありますが、種類が多すぎて適当に選んでいませんか?
フリーWiFiの危険性については「【危険回避】Free Wifiの危険性と身を守るためのポイント」で詳しく解説しています。
今回は、海外で使えるポケットWiFiの選び方や料金を徹底比較し詳しく解説します。
この記事を読むと、海外で使えるポケットWiFiで料金はどこが安いのか比較でき、どれを選べば良いのか分かります。

 

スポンサードリンク

海外で使えるポケットWiFi比較:メリットと注意点

海外旅行 ポケットWiFi 比較 メリット 注意点

 

海外で使えるポケットWiFiは、種類がたくさんあり選ぶのも大変ですが海外に行ってから「全然繋がらない」「思ったよりも料金が高くなった」などならないようにメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

海外で使えるポケットWiFi比較:メリットを解説

海外で使えるポケットWiFiのメリットからご紹介します。

 

大手3大キャリアの料金より安い

昔と比較すると、大手3大キャリアの料金も随分と安くなりましたが、海外で使って翌月にとんでもない請求が来たという話しもたくさんあります。

大手3大キャリアの料金と比較すると海外で使えるポケットWiFiの方が料金も安く安心できます。

 

各社の海外料金

 プラン料金
DoCoMo(ドコモ)パケットパック
海外オプション
200円/1時間~5,280円/7日間
国内で契約中のデータ量を使用
海外パケ・ホーダイ24.4MBまで/1,980円/日
24.4MB以上/2,980円/日
au(エーユー)世界データ定額3GB:980円/日
海外ダブル定額24.4MBまで/1,980円/日
24.4MB以上/2,980円/日
Softbank(ソフトバンク)海外パケットし放題25MBまで/1,980円/日
25MB以上/2,980円/日
アメリカ放題無料

 

DoCoMoの場合、パケットパックを使用すると国内で契約中のデータ量を使用することができます。

980円/24時間で利用できますが、国内で契約中のデータ量を使用するにも関わらず、オプション料金が発生してしまうので高くなります。

auは3GBが980円/日で使用でき、Softbankの場合はアメリカで使う場合は無料です。

各社、定額となるプランがありますが、1,980円/日もしくは2,980円/日の料金が発生します。

 

現地でSIMを購入する手間を省ける

現地に到着してSIMを購入する人も多いと思います。

ポケットWiFiを事前に準備して行けば、英語ができずSIMの購入や入替に自信のない人は手間を省くことができます。

ほとんどの空港でSIMカードを買うこともできますが、営業時間が過ぎて閉まっていたりトップアップの方法が分からなかったりと困ることもあると思います。

ポケットWiFiを準備しておけば、到着してすぐにインターネットを使うことができるので安心です。

 

フリーWiFiと違いセキュリティ面で安心できる

海外はホテルやカフェ、あらゆる場所でフリーWiFiを使うことができます。

フリーWiFiは危険性もあり、暗号化されていないフリーWiFiは容易にハッキングされるため注意が必要です。

フリーWiFiの危険性については「【危険回避】Free Wifiの危険性と身を守るためのポイント」で詳しく解説しています。

これは日本でも言えることですが、海外に行けば更にリスクも上がります。

ポケットWiFiを使用すれば、パスワードが必要になるのでハッキングされるリスクも低くなります。

 

1台を複数人で共有できる

ポケットWiFiが1台あると、複数人で安定した接続を共有することができます。

複数人で共有すれば、1日あたりの料金を安く抑えることもできます。

ポケットWiFiを持っている人の近くにいる必要があり、一気にデータ容量が上限に達することもあります。

 

料金が分かりやすい

ポケットWiFiは1GB/日で料金が決まっていて分かりやすくなっています。

また、チャージ式のポケットWiFiであれば、使いたい分だけを使いたい時にチャージして使うことができます。

 

海外で使えるポケットWiFi比較:5つの注意点を解説

 

海外専用ポケットWiFiは手続きが必要

海外専用のポケットWiFiは自宅や空港で受取・返却ができますが、申込などの手続きがあり面倒です。

クラウドSIMのポケットWiFiやチャージ式のポケットWiFiなら、面倒な手続きもなく海外で使うことができます。

海外専用ポケットWiFiとクラウドSIM、チャージ式が良いのかは後ほど、詳しくご紹介しますので比較してみてください。

 

1GB/日など制限がある

海外で使えるポケットWiFiは1GB/日などが多く、海外専用のポケットWiFiであれば地域によっては無制限があります。

契約したデータ容量までは4Gで使えますが、上限を超えると128Kbpsもしくは256Kbpsの速度制限がかかります。

 

選べるプランが少ない場合がある

国内・海外で使えるクラウドSIMのポケットWiFiのほとんどで選べるプランが決まっています。

逆に海外専用ポケットWiFiは複数プランがあり、自分に合ったプランを選ぶことができます。

チャージ式の場合は、自分が使いたい分だけをその都度決めることができるので便利です。

海外での滞在日程や使用するデータ容量などを考えて、どの種類のポケットWiFiを使うか比較しながら決めましょう。

 

海外で使えるポケットWiFi比較:失敗しない選び方

海外旅行 ポケットWiFi 比較 選び方 ポイント

 

海外で使えるポケットWiFiのメリットと注意点を知った上で、失敗しない選び方を見ていきましょう。

失敗しない選び方のポイントを知った上で、比較をしながら自分に合ったポケットWiFiを見つけましょう。

 

 

ポケットWiFiの種類

一概に海外で使えるポケットWiFiといっても、いくつかの種類があります。

 

クラウドSIMのポケットWiFi

クラウドSIMのポケットWiFiは国内・海外で使うことができます。

国内で使っているポケットWiFiを海外へ持って行き、使い慣れたポケットWiFiを海外でそのまま使うことができます。

大手3大キャリアの回線を使用しているので国内でも繋がりやすく、海外では使用した日数分だけ料金が発生します。

 

海外専用のポケットWiFi

海外専用のWiFiは滞在日数に合わせて事前に申込・契約が必要です。

自分に合わせたプランで契約することができますが、破損や紛失で違約金が発生することもあります。

クラウドSIMの場合、国や地域に限らず1日あたりの料金で決まっていることがほとんどで、アジア地域では割高に感じることもあります。

その点、海外専用のポケットWiFiは国や地域で料金が変わるため、アジア地域などでは安く感じますが物価の高い地域では割高に感じるかもしれません。

 

チャージ式のポケットWiFi

チャージ式のWiFiは初期費用としてポケットWiFi端末本体を購入する必要がありますが、面倒な手続きなく自分の使いたい時に使いたい分をチャージして使うことができます。

また、クラウドSIMのポケットWiFiや海外専用のポケットWiFiより料金が安く使い勝手が良いです。

チャージ式なので国内・海外のどの国でも使うことができます。

チャージ式の中には複数プランがあるものもあり、自分に合わせた使い方ができます。

 

渡航先と滞在期間

滞在先によっては一律の方が料金が安くなったり、滞在期間が長ければ長期割引などを利用した方が良い場合があります。

  • クラウドSIMのポケットWiFi…オセアニアなど、1,500円を超える地域への滞在が多い場合は一律の方がお得。
  • 海外専用のポケットWiFi…滞在期間が長い場合、長期割引を使用できる。
  • チャージ式のポケットWiFi…1日あたりの料金が安く、必要な時だけチャージできるので無駄がなくお得。

 

受取・返却が自分に合っているか

海外専用のポケットWiFiをレンタルする場合、受取・返却が必要です。

出発や帰国時間が営業時間内に間に合わない場合は、1~2日ほど余分に借りる必要が出てきます。

返却が遅れた場合、遅延損害金も発生する可能性があるので空港で受取・返却カウンターがあるかなどの確認が必要です。

クラウドSIMのポケットWiFiやチャージ式のポケットWiFiは、普段使っているポケットWiFiを持って行くだけなので、受取・返却の心配をする必要がありません。

 

1日あたりのデータ容量と料金

クラウドSIMのポケットWiFiのほとんどが1GB/日ですが、海外専用のポケットWiFiは500MB/日から地域によっては無制限プランがあります。

また、チャージ式のポケットWiFiでも500MBから地域によって無制限プランがあり、10GB/月などもあるので自由度が高いのが特徴です。

 

データ通信量1GBあたりの目安

メールYahoo!の閲覧Google Map検索Youtube
(1080p)
約10万通約2,000回約500回約30分
Skype通話Skypeビデオ通話LINEチャットLINE通話
約160分約15分約10万回約830分
フェイスブックツイッターInstagramTik Tok
約100分約125分約50分約55分

 

【旅ブロガーおすすめ】海外で使えるポケットWiFi比較

海外旅行 ポケットWiFi 比較 おすすめ

 

海外で使えるポケットWiFiをそれぞれ比較しながら詳しく解説していきます。

 

クラウドSIMのポケットWiFi

クラウドSIMのポケットWiFiは国内でもで使えるという特徴があります。

基本的に国内では100GB/月が利用できるので、普段からポケットWiFiでデータ通信をしたい人や外出先での利用が多い人におすすめです。

また、海外での利用は1GBで1,200円/日前後が多くほとんどが一律プランなので、海外へ行く回数が少ない人向けです。

・契約の縛り期間の有無
・端末は買取か無料レンタルか
・国内利用の実質月額料金
・海外利用の料金
 
 契約期間の縛り端末の買取国内の実質月額料金海外の利用料金解約違約金
THE WiFi2年100GB:3,726円アジアの一部:1GB/850円
その他:3GB/1,250円
10,780円
※2年目以降:なし
クラウドWiFi100GB:3,861円国ごとの料金
最安値:700円/1GB
なし
Mugen WiFi2年100GB:4,100円エリア①:1,200円/1GB
エリア②:1,600円/1GB
1年未満:9,900円
1~2年未満:5,500円
更新月以降:なし
Air-WiFi2年100GB:3,660円エリア①:日額1,200円/1GB
エリア②:日額1,600円/1GB
12ヶ月未満:7,700円
14か月目以降:5,500円
※2年目以降は更新月以外の解約は5,500円
地球WiFi3年93GB:4,155円500MB:900円/日
1GB:1,200円/日
10,450円
※更新月以外はなし
クイックWiFi2年100GB:3,776円500MB:990円/日
1GB:1,320円/日
4,950円

※実質月額料金は「初期費用」「解約までの期間」「キャンペーン」「違約金」などを利用期間で割った金額を「実質月額料金」としています。

 
クラウドSIMのポケットWiFiは国内・海外で使えますが、国内メインでたまに海外で使いたい人におすすめです。
クラウドSIMのポケットWiFiを比較すると、クラウドWiFiだけが唯一、「縛り」「端末無料レンタル」「違約金なし」に対応していて海外でも国や地域ごとの料金で利用できます。
 

海外専用のポケットWiFi

海外専用のポケットWiFiは、海外へ行くときだけレンタルするので必要な時に、必要な日数の料金だけで済みます。

海外専用のポケットWiFiは申込から受取・返却が必要になるので、しっかりとした計画が必要になります。

 

・一日あたりの料金とプラン
・受取・返却場所
・受取と返却時の手数料

 

 料金プラン受取・返却
グローバルWiFi・500円/日
・1,170円/日
・1,470円/日
・2,170円/日
・300MB/日
・600MB/日
・1.1GB/日
・無制限/日
宅配受取/500円
空港受取/500円
海外現地受取
返却:空港返却、現地返却、宅配返却
イモトのWiFi・680円/日
・1,580円/日
・2,080円/日
・500MB/日
・1GB/日
・無制限/日
宅配受取/500円
空港受取/500円
返却:宅配及び空港の返却BOX
宅配:着払いで1,000円/台
Sakura Mobile・680円/日無制限/日宅配受取/1,000円
空港受取/1,000円
海外現地受取/無料
返却:空港返却、現地返却、宅配返却

※料金は最安値を表示

 

海外専用のポケットWiFiは、海外へ行くときだけ使いたい人におすすめです。

Sakura Mobile」が無制限で最安値ですが、9ヶ国とヨーロッパ周遊のみでしか使えません。

滞在先がSakura Mobileが使えるのであれば、間違いなくSakura Mobileをおすすめします。

グローバルWiFi」と「イモトのWiFi」とは様々な国や地域で使う事ができますが、1日あたりの料金が割高に感じますので滞在先と滞在期間で比較をして決めましょう。

 

 

チャージ式のポケットWiFi

チャージ式のポケットWiFiは、自分が使いたいときに必要な分だけをチャージして使うことができます。

初期費用としてポケットWiFi端末本体の購入が必要ですが、一度購入してしまえば「縛り」も「違約金」なども関係なく、ほとんどの国や地域で使うことができ便利です。

 

 端末購入代金国内料金海外料金支払い方法
ぷらすWiFi公式:21,780円
Amazon:19,800円
チケット購入:2,680円~
Dayチャージ:1GB/290円/日~
Dayチャージ:1GB/350円/90日~
月間Pass:30GB/3,200円/月内
・Day Pass
・月間Pass
・データチャージ
※国によるためアプリ上で確認
銀行振込 / クレジットカード決済 / デビットカード / コンビニ決済 / PayPay
Trip WiFi公式:19,580円
Amazon:15,980円
1G:500円/30日
3G:980円/30日
7G:1980円/30日
1GB:500円/日
超過後:再チャージ
クレジットカード

 

ぷらすWiFi」はチケット購入型で国内でも安く使うことができますが、事務手数料が必要になります。

チケット型はチケットの申込み期間など少しややこしいので、「ぷらすWiFi」の本体端末を購入して使うことをおすすめします。

海外料金でも月間Passやデータチャージなどプランが多く料金も安く抑えられています。

Trip WiFi」は国や地域が関係なく、国内では「1GB/3GB/7GB」、海外では1GB/500円と分かりやすくなっています。

  • ぷらすWiFi…チケット購入で申し込みの場合は専用回線開通になるため、事務手数料3,300円が発生する。
    端末をAmazonなどで購入した場合はチャージでの使用になり、事務手数料は発生しない。
    海外料金は韓国で1GB290円~月間Passなどもある。
  • Trip WiFi…国内は最大7GBプランで海外は1GB500円~。端末はAmazonでも購入可能。

 

海外に住んでいて、ポケットWiFiを一帰国で使いたい人や海外でも複数国へ行く人は「ぷらすWiFi」、たまにしか使わない人は「Trip WiFi」をおすすめします。

 

created by Rinker
TUGE
¥19,800(2021/10/26 16:26:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

タイへ3泊4日の旅行をした場合の料金比較

タイへ旅行をした場合の料金比較をしてみたいと思います。

初期費用などは含めずに、単純にタイで利用した場合の料金比較です。

 

 プラン料金合計
THE WiFi1GB/日850円3,400円
クラウドWiFi1GB/日750円3,000円
Mugen WiFi1GB/日1,200円4,800円
Air-WiFi1GB/日1,200円4,800円
地球WiFi1GB/日1,200円4,800円
クイックWiFi1GB/日1,320円5,280円
グローバルWiFi1.1GB/日1,370円5,480円
イモトのWiFi1GB/日1,580円6,320円
Sakura Mobile無制限/日680円3,720円
ぷらすWiFi1GB/日390円1,560円
Trip WiFi1GB/日500円2,000円

 

「クラウドSIMのポケットWiFi」「海外専用のポケットWiFi」「チャージ式のポケットWiFi」を比較すると、かなりの価格差が出ます。

海外専用のポケットWiFiの「Sakura Mobile」は無制限プランだけで、一日あたり680円は破格の料金です。

ぷらすWiFi」には、月間Passで10GB:2,700円/月や20GB:3,300円/月のプランもあるので長期滞在でも使うこともできます。

チャージ式なので、足りなくなった場合は必要な分だけチャージして使うこともできます。

海外専用のポケットWiFiの「イモトのWiFi」は、60日前の早割で1GB:1,020円/日まで安くなりますが、それでも4日間で4,080円が必要です。

 

海外で使えるポケットWiFi:料金を比較して選ぶ3社

旅ブロガーの私が、料金を比較した上で選ぶ3社は以下の通りです。

 

ぷらすWiFi:国内・海外でも使えてチャージ式なので便利

 ぷらすWiFi
事務手数料3,300円(チケット購入の場合)
端末代金端末購入:21,780円
Amazon:19,800円
国内料金チケット購入:2,680円~
Dayチャージ:1GB/290円/日~
Dayチャージ:1GB/350円/90日~
月間Pass:30GB/3,200円/月内
海外料金・Day Pass
・月間Pass
・データチャージ
※国によるためアプリ上で確認
\チャージで自由自在に使える!/
ぷらすWiFi公式で詳しく見てみる
\一番お得な方法を解説説!/
ぷらすWiFiの詳しい解説はこちら

 

created by Rinker
TUGE
¥19,800(2021/10/26 16:26:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

Sakura Mobile:無制限で安心。複数人で大容量を使いたい人におすすめ

 Sakura Mobile
海外料金680円/日:タイ、台湾
880円/日:インドネシア、香港、マカオ、深圳、イギリス、フランス
980円/日:中国、アメリカ、ハワイ、オーストラリア、ヨーロッパ周遊

受取・返却宅配受取/1,000円
空港受取/1,000円
海外現地受取/無料
返却:空港返却、現地返却、宅配返却
\無制限で各社の使い放題!/
ぷらすWiFi公式で詳しく見てみる
\一番お得な方法を解説説!/
ぷらすWiFiの詳しい解説はこちら

 

クラウドWiFi:国内でもポケットWiFiを使いたい人におすすめ

事務手数料3,300円
国内料金月額3,718円/100GB
海外料金134ヶ国対応
契約期間

最低利用1ヵ月

解約違約金

なし

\いつでも解約無料で試せる!/
クラウドWiFi公式で詳しく見てみる
\注意点を詳しく解説!/
クラウドWiFi詳しい解説はこちら

 

【最安値を検証】海外で使えるポケットWifi徹底比較:まとめ

今回は、海外で使えるポケットWiFiの料金や注意点を比較してご紹介しました。

海外での料金プランやデータ通信量、国内で使うか使わないかなど比較しながら選ぶ必要があります。

海外で使えるポケットWiFiのメリットと注意点は以下の通りです。

 

 

 

 

海外で使えるポケットWiFiをお探しの人は選び方やポイントを参考に比較してみてください。

今回、ご紹介したポケットWiFiの料金プランや注意点の詳しい解説が気になる人は次の記事も参考にしてみてください。

 

 

この記事を読んで、自分にあったWiFiを選んでみてくださいね。

 

Amazonチャージで更にお得に!
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!