海外旅行で使えるSIMカード 【徹底比較】

海外旅行 SIMカード 徹底比較 おすすめ

 

奥様はベトナム人
海外旅行に行くのにポケットWifiは邪魔だなぁ…
SIMカードにしようかな?
こんな悩みを解決する記事です。
この記事では、海外旅行で使えるSIMカードの徹底解説と比較をします。
海外旅行なので、日数などにも左右されますが、それも踏まえた上で比較をしていきます。
スポンサードリンク

本記事の内容

  • 海外旅行でインターネット環境を準備する方法
  • 海外旅行で使えるSIMカードの種類【事前購入可能】
  • 海外旅行でおすすめのSIMカード

 

・SIMカードは容量が不安。ポケットWifiをレンタルしたい人は≫レンタルWifi徹底比較へ
・わざわざ契約するのが面倒くさい。国内外で使えるレンタルWifiは≫国内外利用OKレンタルWifi徹底比較へ

海外旅行でインターネット環境を準備する方法

海外旅行 SIMカード 徹底比較 おすすめ

 

  1. 海外旅行へ行く前にレンタルWifiを借りる
  2. 現地に到着して購入する
  3. 海外で使えるSIMカードを購入する

 

①レンタルWifiを借りる

海外旅行へ行く前に「海外用のレンタルWifi」「国内外で使えるレンタルWifi」を借りる方法があります。

自宅、空港で受取可能で、設定の必要がなく、便利ですが少し料金が高かったり紛失や盗難のリスクがあります。

海外用レンタルWifi

 

国内外で使えるレンタルWifi

 

海外用レンタルWifiと国内外で使えるレンタルWifiの比較記事もどうぞ。

・SIMカードは容量が不安。ポケットWifiをレンタルしたい人は≫レンタルWifi徹底比較へ
・わざわざ契約するのが面倒くさい。国内外で使えるレンタルWifiは≫国内外利用OKレンタルWifi徹底比較へ

②現地に到着して購入する

旅行先へ行くと、ほとんどの空港で海外旅行者向けのSIMカードを販売しています。

スマホを渡すと、SIMカードを交換してくれます。

英語が出来なくでも、指差しでプランを伝えるだけで大丈夫です。

③海外で使えるSIMカードを購入する

最近では、アマゾンで海外旅行で使えるSIMカードや各国のSIMカードが売られています。

日本で購入して、現地に到着して自分で交換すると使えるようになります。

海外旅行者向けのSIMカードや各国のSIMカードは期限が決められていたり、当然その国でしか使う事ができません。

しかし、世界中で使えるSIMカードもあり、トップアップをすればいつでも使えるので、使い捨てではなく、いつでも、どこの国でも使う事ができます。

 

海外旅行で使えるSIMカード

海外旅行 SIMカード 徹底比較

 

今は便利になり、Amazonでも事前にSIMカードを購入できるようになりました。

特に東南アジアのSIMカードは各国で売られています。

 

海外旅行向け 東南アジア周遊SIM【使い捨て型】

東南アジアのどこでも使える期限付きのSIMです。

私が初めてタイのプーケットへ行った際は事前にタイ専用のSIMを購入して行きました。

ただ、シンガポール経由で行ったので、乗継のときは空港のFree Wifiを使いました。

コンビニからTop-upも可能ですが、電話番号が必要でした。

≫AIS タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信 100分無料通話つき

 

【海外旅行向け 東南アジア周遊SIM】

対応国容量有効期限詳細
China Unicomタイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール他10か国3GB/8日間あり
AIS韓国・台湾・香港・シンガポール・マカオ・マレーシア・フィリピン・インド・カンボジア・オーストラリア 他14ヶ国4GB/8日間あり
DHA日本・台湾・韓国・中国・香港・マカオ・シンガポール・マレーシア・タイ4GB/8日間あり

 

【周遊SIMのメリット】

  • 対応国なら期間内に自由に使うことができる
  • 設定が簡単
  • 価格が安い

 

【周遊SIMのデメリット】

  • 期間の割にデータ通信容量が少ない
  • ヘビーユーザーには全然足りない
  • 期間を過ぎると買い直しが必要

 

海外旅行向け プリペイド式SIMカード【有効期限なし】

色々な海外旅行で使えるプリペイド式、チャージ式のSIMカードは有効期限なく、いつでも使うことができます。

よく海外旅行へ行く人にとっては、毎回SIMカードを購入する必要がなく、おすすめです。

SIMカード料金対応国備考詳細
Flexiroam SIM690円150ヶ国早割あり、シェアOK
YUNYOBO SIM1,980円100ヶ国以上
MTX Connect残高なし:499円
残高7€:999円
80ヶ国以上7ユーロ分残高つき
Air SIM残高なし:500円
残高10$:1,470円
110ヶ国以上10ドルつき

 

【プリペイド式 SIMのメリット】

  • 事前に設定ができる
  • ほとんどの国でいつでも使える
  • 使い捨てではないので経済的

 

【プリペイド式 SIMのデメリット】

  • APN設定が必要な場合がある
  • 使わないときのSIMの管理

 

海外旅行でおすすめのSIMカード

海外旅行 SIMカード 徹底比較 おすすめ

 

私はいつも海外旅行ではAir SIMカードを使っています。

数年前に購入しました、今でも海外旅行へ行く際にいつも使っています。
(たまに現地のSIMを購入することもある)

アプリの画面も見やすく使いやすいのです。

SIMカードの料金は、「残高なし:500円」「10$分残高つき:1,480円」です。

有効期限は最終利用から1年間有効なので、使えばまた1年間、有効期限が伸びることになります。

プランは「日数」「データ量」の組み合わせで複数種類のプランから選ぶことができます。

事前に利用する国、プラン、利用開始日を設定することができるので、飛行機の中でSIMカードを交換して、到着してからすぐに使い始めることもできます。

 

海外用SIMカードのおすすめランキング

 

  • 【世界150ヵ国対応】Flexiroam SIM
    5

    ・世界150ヶ国以上で利用可能
    ・90日前までにデータチャージで30%オフ、30日前までで15%オフ
    ・フレキシロームを使っている人とのデータシェアOK
    ・周遊プランあり
    ・LINEで日本人スタッフのサポートあり
    ・最安値は1GB 8日間が460円から!

  • 【世界110ヶ国以上対応】チャージ式SIMカード AIRSIM (残高10米ドル)
    4

    ・世界110ヶ国以上で利用できるSIMカードです。
    ・Wi-Fiをレンタルする手間がなくなります!
    ・香港のSHINETOWN TELECOM が提供しています。
    ・プリペイド式なので、AIRSIMが一枚あれば利用したい時にチャージするだけでいつでも世界中から利用できます!
    <料金目安>
    中国:360円~ / 1日
    アメリカ:130円~/ 1日
    東南アジア:110円~/ 1日

  • 【完全従量制あり】MTX Connect SIMカード
    3.5

    ・世界80ヶ国以上に対応
    ・プリペイド式のみならず完全従量制プランあり
    ・料金は、どの国で使っても同じ
    ・従量制は0.015ユーロ/1MB
    ・モバイルルーターでの使用OK

  • 【一日あたり35円~】YUNYOBO SIMカード
    3

    ・世界100ヶ国以上に対応
    ・最安値は1GB 3日間で220円~
    ・SIMカードの有効期限なし。使いたいときに使える

 

奥様はベトナム人
Air SIMを使っている私ですが、FLEXIROAMを1位に選びました。
理由を解説するので、参考にしてみてください。

海外旅行向け FLEXIROAM SIMカードを1位に選んだ理由

  • 対応国が150ヶ国以上
  • SIMカードの有効期限なし
  • 早割がある(90日前:30%オフ、30日前:15%オフ)
  • FLEXIROAMのSIMを使っていればシェアができる
  • 周遊プランがあるので複数国で使える

 

最終利用から1年などの有効期限がないので、いつでも使えるのが良いですね。

早割もあって、データのシェアもできるのが便利です。

 

海外旅行向け Air SIMカードを2位にした理由

  • アプリが使いやすい
  • 無制限プランが安い
  • たまにAPNの設定がうまくいかない
  • 1年以上利用しないと有効期限が切れる

 

実際に使っているので特に不満はないのですが、たまにAPNの設定がうまくいかずインターネットをに接続できないことがあります。

スマホに詳しくない人は手こずる可能性があります。

また、1年以上利用しないと有効期限が切れるがネックです。

 

海外旅行向け MTX Connect SIMカードが3位な理由

  • 完全従量制がある
  • モバイルルーターでの利用可能
  • 若干割高(1日無制限/9.99ユーロ、1GB/15日間有効/14.99ユーロ)
  • 上記の2社には敵わない

 

海外で使えるSIMカードとして、完全従量制のプランは珍しく面白いです。

また、モバイルルーターとしても使えるのは使い勝手が広がり良いですが、料金が割高なので3位となりました。

 

海外旅行向け YUNYOBO SIMカード

  • 一日あたり35円~と料金が安い
  • アプリが日本語対応していない(サポートも)
  • SIMカード代金が高い

 

海外で使えるSIMカードの中では一日あたり35円~とかなり安い料金設定になっています。

韓国3日間:1GB/330円、シンガポール3日間:2GB/330円など。

ただし、SIMカードの料金が1,980円と割高です。

 

奥様はベトナム人
FLEXIROAMはSIMカードが690円で購入時に100MBがついてきます。
これを考えると現時点ではFLEXIROAMが1位です。
よく海外旅行へ行く人、急な海外出張がある人は1枚だけ海外用のSIMカードを持っておいても損はありません。
使いたいときにチャージ、好きなプランを選択して使うことができます。
海外用のSIMカードなら、スマホに入れるだけなので、海外用レンタルWifiを持ち歩く煩わしさもなく、紛失や盗難のリスクもありません。
FLEXIROAMなら、同じFLEXIROAM SIMカードを持っている人同士であればシェアできるので便利です。
もちろん、デザリングで共有することも可能です。
奥様はベトナム人
私は次回の一時帰国で購入します!
今回は以上です。
海外旅行や海外出張で無駄な出費を抑え、その分で美味しい料理を食べたり、買い物に回したいですね!
海外用レンタルWifiか海外用SIMカードで、迷っている人に少しでも記事が参考になれば幸いです。

Good Luck!

関連記事

  逆立ちブロガー海外旅行に行くのにインターネットはどうしよう…レンタルWifiを借りたいけど、どこのサービス会社が良いか分からない。 こんな悩みを解決します。 本記事の内容[…]

関連記事

  奥様はベトナム人海外旅行に行くけどわざわざレンタルWifiを借りるのが面倒だな… こんな悩みを解決する記事です。国内でデータ通信費を抑えたい、海外旅行にも行く人におススメの内容となっ[…]

海外でも使えるレンタルWifiをお探しの方の参考になれば幸いです。
関連記事

奥様はベトナム人皆さんは旅行へ行く時、ホテルの予約はどうしていますか?!旅行へ行く際に、必ず必要なのでホテルの予約。少しでも良いホテルに、少しでも安く泊まる方法をご紹介します。ブッキングドットコムで比較[…]

関連記事

 海外旅行保険 クレジットカード 自動付帯をご紹介です。海外に旅行や出張で行く場合、海外旅行保険に加入していますか?日本の健康保険は優秀で、海外に出れば病院で高額な費用が掛かります。 自費でも[…]

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村


旅動画ランキング

スポンサードリンク

旅のお供おススメ機器

Air Sim
3.5

チャージ式SIMカードで世界102ヶ国で使用可能です。
既にUSD20がチャージしてあるので、すぐに使用可能です。
チャージもアプリから課金でき、事前に設定することで海外に到着後、Simを入れ替えるだけですぐに使用できます。
離島に行くとたまにインターネットが弱い時があります。【正規代理店販売】

GoPro HERO7 Black
4

GoPro HERO7 Black
旅行に行くのにアクションカメラは必須です。
ハウジング無しで水中撮影ができ、映像、写真も綺麗です。
炎天下の中では、熱暴走もありますのでマイナス評価。
最新のGo Proが発売されたので、価格が下がった今がチャンス。

TELESIN GoPro 収納ボックス式 3ポートUSB充電器
4

収納ボックス式 3ポートUSB充電器
USB Type-Cで3個同時充電可能。
スマートLEDライトインジケータは、バッテリの過充電を防止し、赤色光は充電し、緑色光は充電完了を示します。
バッテリーを入れたまま持ち運べるので荷物にならず便利です。

SanDisk Ultra
4.5

【 サンディスク 正規品 】 10年保証 microSDカード 128GB
Class10のmicroSDカードがこの価格で買えるようになりました。
最大転送速度30MB/秒でGo Proの推奨SDカードです。

Anytek 指紋ロック
3.5

防水式の指紋認証ロックです。
この指紋ロックは最大10人の指紋IDが登録可能。
1回の充電で最大1000回の使用が可能。
海外旅行でのバックのロックにおススメ。

Amazonチャージで更にお得に!
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!