ゴールデンウィーク(GW) リゾートバイト 【失敗しない持ち物リスト】

リゾートバイト GW ゴールデンウィーク 持ち物

 

 
奥様はベトナム人
ゴールデンウィーク(GW)のリゾートバイトに行くけど何を持って行ったらいいの?
初めてだから不安。
 
この記事では、ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトへ行くのに「必要な物」「あったら便利な物」を解説しています。
初めてのリゾートバイトでも不安にならないように持ち物をまとめました。
 

本記事の内容

  • リゾートバイトの持ち物準備リスト
  • リゾートバイトに最低限、必要なもの
  • 「リゾートバイトのエリア」「職種」「シーズン」別に必要なもの
  • リゾートバイトの経験者が語る準備物

 

この記事では、ゴールデンウィーク(GW)ののリゾートバイトに「必要なもの」「あると便利なもの」を徹底解説しています。

 

記事を読み終えると、ゴールデンウィーク(GW)のリゾートバイトに持って行くものが分かります。

 

 
奥様はベトナム人
最後に準備リスト一覧を無料配布するよ!
ダウンロードでもスクショでもして、リゾートバイト前に確認してね!
 
スポンサードリンク

ゴールデンウィーク(GW)リゾートバイトの持ち物準備リスト

リゾートバイト GW ゴールデンウィーク 準備リスト

 

分かりやすいように、「必需品」「あると便利」「人それぞれ」でマーク分けをしたので参考にしてみてください。

優先順位マーク
◎:必需品
〇:あると便利
▲:人それぞれ

 

貴重品(管理に注意)

◎:現金(1~2万円の少額で十分)◎:保険証
◎:キャッシュカード(デビット機能付きならクレカ不要)◎:身分証明書
◎:マイナンバーカード(マイナンバー通知カード)▲:クレジットカード(ほぼ使う事はない)

 

リゾートバイトでは、基本的に住み込みで寮費、水光熱費、食費が無料になるので、現金はあまり必要ありません。

休日や仕事終わりに飲み物やお菓子、観光に行く際に必要な金額で十分です。

キャッシュカードはデビット機能付きならクレジットカードは必要ありません。

クレジットカードを持って行って紛失したり、使い過ぎては意味がありません。

到着前にATMの有無、場所を確認しておき、現金で持って行く金額を決めてもいいかもしれません。

保険証は万が一、怪我や病気になった際に必要です。

 

電子機器

◎:スマホ◎:充電器
◎:タコ足コンセント◎:延長コード(相部屋の場合)
▲:パソコン(基本的に不要)▲:ポケットWifi

 

スマホは誰でも持っているので、持って行きますね。

その為、スマホ用充電器が必要になります。

パソコンはブログを書いたり、何か特別な事をしない限り不要。

相部屋の場合はタコ足コンセントや延長コードが必須になります。(100均で揃う)

ポケットWifiを持って行くかどうかは、リゾートバイト先か担当スタッフに事前に確認しましょう。

頻繁にスマホを使う人は、ポケットWifiか通信プランで対応。

 

 
奥様はベトナム人
お金を貯めたい人は残業をすると、それほどスマホを使う時間もないのでWifiやデータ通信のことは考えなくてOK。
 

衣類

◎:外出用×2着◎:寝巻
◎:Tシャツ×4着◎:下着×4枚
◎:靴下×4枚▲:帽子
〇:防寒具(地域や時期による)▲:水着(夏の海のバイトには必須)
◎:サンダル又はスリッパ〇:サングラス

 

ゴールデンウィーク(GW)のみであれば、三日分、長期なら一週間分があれば十分です。

外出用の服は休日のみなので、1着もしくは2着でOK。

帽子は、リゾートバイトで暑い時期に日差しを避けるのに必須です。

防寒具は地域や時期によりますが、ゴールデンウィーク(GW)の時期などはまだ朝夕で冷え込む場合があるので、羽織るものがあると良いでしょう。

リゾートバイトで離島へ行く場合、休日は海へ行くと思うので水着は必須になります。

サンダルやスリッパは、海でのリゾートバイトや少し出掛けたりするときに超便利です。

サングラスは夏の海でのリゾートバイトやスキー場で必須になります。

 

洗面用具・タオル類

◎:歯磨きセット◎:ハンドタオル×3枚
◎:バスタオル×3枚〇:シャンプー・リンス・ボディソープ
◎:髭剃り・T字カミソリ〇:整髪料
〇:洗面用具▲:ドライヤー

 

歯磨きセットはエチケットで必須です。

ハンドタオルとバスタオルはかさばるので、ハンドタオルを多めに持って行く人も大勢います。

温泉に入れるリゾートバイトなら、シャンプー・リンス・ボディソープを使えると思いますが、相部屋やバイト先とは別の寮になると、自分の分が必要になります。(事前確認)

髪がカサカサになる可能性もあるので、気になる人や自分のお気に入りがある場合、自分で持参した方が良さそうです。

男性は髭剃り、女性はワキやスネ毛処理にT字カミソリが必須です。

整髪料も身だしなみを整える上で重要です。(強い匂いがするものは好まれなない)

ドライヤーが置いてあるところもあるので、事前に確認しましょう。

 

洗濯用品

◎:洗濯用洗剤〇:ハンガー×6本
〇:洗濯バサミ〇:洗濯ヒモ
▲:ランドリーバッグ 

 

洗濯用洗剤は必須。できれば柔軟剤入りの物にした方が荷物にならないです。

事前に確認をして、近くでドラッグストアなど購入できる場所があれば現地調達でOK

リゾートバイトでは、物干し竿やハンガーなどが無かったり、共有での使用になると干す場所が足りなくなったりします。

自分の部屋でも干せるように、ハンガーと洗濯バサミ、洗濯ヒモが準備できると便利です。
(事前に確認して準備されていれば持って行く必要なし)

ランドリーバッグは自分の洗濯物を運ぶ際にあると良いですね。

誰かとすれ違って見られるを気にする人は特にです。

まぁ、買い物袋でも良いですが…(笑)

 

食器・食材類

〇:皿(従業員の食堂があるところは不要の場合も)◎:箸、スプーン、フォーク
◎:マグカップ・タンブラー〇:タッパー・弁当箱
▲:保存食(カップラーメンなど)▲:自炊アイテム(レトルトカレー・ふりかけなど)

 

リゾートバイトの場合、まずは賄いが出るのか、従業員の食堂があるのかを確認しましょう。

賄いが出ないところは珍しいですし、リゾートバイトでお金を貯めるのであれば、賄い付きのところを選びましょう。

従業員の食堂があれば、皿や箸などは必要ありませんが、稀に朝食をタッパーに入れて持ち帰るパターンもあるので確認が必要です。

自炊のところであれば、皿や箸などは必須ですね。

休憩時間にお茶やコーヒーを飲んだり、部屋でのリラックスタイムにマグカップやタンブラーがあると良いです。

保存食と自炊アイテムはあると安心ですが、正直、荷物になるので現地調達できるのであれば、必要なときに購入すれば良いと思います。

 

 
奥様はベトナム人
せっかくのリゾートバイトなので、インスタントを食べるより、週一回その土地の美味しい物を食べに出かけた方がモチベーションも上がるかもしれませんね!(ご褒美)
 

薬品・雑貨

◎:常備薬◎:生理用品(女性)
◎:メモ帳◎:筆記用具
◎:雨具(傘・カッパ)◎:ビニール袋
◎:爪切り◎:雑巾(掃除用具)
◎:化粧品◎:髪留め
◎:箱ティッシュ◎:除菌シート
〇:懐中電灯〇:腕時計
〇:虫よけスプレー・日焼け止め〇:ニット帽・ホッカイロ
▲:眼鏡・コンタクト▲:カメラ

 

常備薬は頭痛薬や腹痛薬、胃薬などにプラスして、レジャー施設のリゾートバイトの人は小さい救急用のキットを持っておくと安心です。

生理用品と雨具は現地調達でもOK。

メモ帳と筆記用具は仕事を覚えたり、メモに書き残したりするのに必須。

ビニール袋はゴミ袋にしたり、収納や汚れ物を入れたりと便利です。

かさばる物でもないので、多めに準備するといいですね。

爪切り、腕時計は絶対に必要です。忘れずに持って行きましょう。

女性は化粧品や髪留めは必須ですが、男性も化粧水や保湿クリームがあると良いです。

箱ティッシュや除菌シートは現地調達でもOK。

夏場は虫よけスプレーや日焼け止め、冬はニット帽やホッカイロが必需品になります。

カメラが趣味の人はカメラを持って行くのも良いですが、最近はスマホでも十分、綺麗な写真が撮れます。

 

 
奥様はベトナム人
こうしてみると、リゾートバイトに行く際の基本的な物でもそこそこ荷物が多くなります。
重い荷物を運びたくない人は、事前に確認をして宅配で送りましょう。
 

スーツケースの大きさはLLサイズ(80ℓ以上)+バックパック

リゾートバイト GW ゴールデンウィーク スーツケース

 

リゾートバイトは離島や山奥などへ行く事もあるので、現地で揃わないものもあります。

事前に確認をすると共に100均で揃えれる物は揃えて持ち込みましょう。

 

スーツケース

スーツケースは一番大きいLLサイズで80ℓ以上のものを準備すると良いでしょう。

一般的な80ℓの大きさで31 x 53.5 x 80cm前後になります。

Amazonで一万円以下で売っていますので、探してみてください。

 

 

最近はスーツケースのレンタルもあるので、「あまり旅行にも行かない」「リゾートバイトも一回限りかも」という方はレンタルを検討しても良いかもしれません。

 

 
 
奥様はベトナム人
サイズ・タイプ・プランから検索できて、良心的な価格、往復送料無料です。
スーツケースを持っていない人で、リゾートバイト以降も使う予定のない人におすすめのサービスです。
 

バックパック

リゾートバイトで休日に観光へ行きたい人や、ちょっとしたお出かけの際に必需品です。

肩掛けカバンやポーチでも良いですが、バックパックが楽です。

レジャー施設やマリン系のリゾートバイトに行く人は防水バッグがおすすめです。

新素材 防水バッグ
4.5

防災バッグにもなる、防水バッグのスマホ用防水ケース セットです。
ビーチへ行くと、荷物に困りますが、このバッグがあると汚れや水を気にすることがありません。
海外はスピードボートで移動する事も多く、水に濡れるので荷物やお金の管理をする為にも持っておくと便利です。

事前に、寮に何があるか確認した上で、日用品で足りないものを現地調達すると荷物も減らせて無駄遣いをせず済みます。

 

ゴールデンウィーク(GW)のリゾートバイトで寮にありそうなもの

リゾートバイトは場所によって様々ですが、先にリゾートバイトに来た人が残していっている場合もあります。

そういう場合は、リゾートバイト来た同じ寮の仲間で共有してください。

残っている可能性(ある:◎、場所による:〇、半々:▲)

 

  • ハンガー(◎)
  • お皿などの食器類(〇)
  • 鍋や調理器具(▲)
  • ケトル・ポット(▲)

 

ハンガーは100均でも買えるので、ほとんどの人が残していきます。

お皿や食器類を共有するのが嫌な人は自分で準備しましょう。

エコではないですが、お皿は紙皿の方が良いかもしれません。(使い捨て)

調理器具やケトル・ポットは、買い揃えると出費になるので、持ち帰るパターンが多いですが、リゾートバイト先の寮に備えつけられている場合がほとんどです。

自分の部屋で使う一人用のケトルがあると便利です。

 

ゴールデンウィーク(GW)でリゾートバイトに必要な基本的セット

リゾートバイト GW ゴールデンウィーク 持ち物 基本

 

ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトへ行くのに最低限、必要なものをご紹介します。

全てのリゾートバイトで共通して必要なもの

  1. 貴重品(少額の現金、キャッシュカード、保険証)
  2. 着替え(3日分くらい)
  3. 洗面用具(歯磨き、洗顔、化粧水など)
  4. タオル(バスタオル、フェイスタオル)
  5. お風呂セット(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ)
  6. 洗濯用具(ハンガー、洗濯バサミ、洗濯ヒモ)
  7. 掃除用具(ゴミ袋、雑巾、粘着コロコロ)
  8. 筆記用具
  9. その他(腕時計、爪切り、常備薬など)

 

 
奥様はベトナム人
①②以外は100均で揃うものなので準備しておきましょう。
 

旅館で「仲居」をする場合

  1. 帯枕 :帯を固定し帯山の形を整える為に背中につけます。
  2. 帯板 :帯の正面のシワをなくす為に帯の内側にいれます。
  3. コーリンベルト : 着物の着くずれを防ぎます。
  4. 伊達締め : 帯の下に締めウェストの形を整え着くずれを防ぎます。
  5. 腰紐 : 3〜5本ほど用意します。
  6. 足袋 : 3〜4足あると便利です。
  7. 肌襦袢・袖よけ : 袖よけ : 一番下に着る肌着です。

 

 
奥様はベトナム人

本式着物などしっかりした着物の職場はこれらの準備が必要な場合があります。
就業場所によってはレンタルやリゾートバイトの派遣会社が支給してくれる場合もあるので事前に確認しましょう。
求人の備考のところに表記されている場合もあります。

 

リゾートバイトで「仲居」をするなら、アルファリゾートがおすすめです。

その理由を徹底解説しましたので、こちらの記事もどうぞ

≫ゴールデンウィーク(GW) リゾートバイト アルファリゾート【徹底解説】

 

リゾートバイトで「フロント」するときに必要なもの

  1. 黒のスラックス×2
  2. 白いワイシャツ×2
  3. 黒靴下×4
  4. 革靴(ヒール)

 

 
奥様はベトナム人
求人票の詳細に業務上持参物や備考欄に表記されていることもあるので、しっかりとチェックしましょう。
 

リゾートバイト「レストランホール」で必要なもの

  1. 革靴orパンプス(黒)
  2. 下着(白)
  3. 靴下(黒)
  4. ベルト(黒)
  5. 長袖Yシャツ(白)
  6. スラックス(黒)
  7. スカート(黒)

 

 
奥様はベトナム人
リゾートバイト先で貸与してくれるところもありますので、事前に確認しましょう。
制服があるところは貸してくれるので、準備するのは靴と靴下くらいですね。
 
意外と大掛かりな準備が必要なリゾートバイト。現地調達が難しい場合もあるので、事前確認と準備を怠らずに。
 

リゾートバイトの準備 Q&A

リゾートバイト GW ゴールデンウィーク 持ち物 Q&A

Q&A

①盗難ってあるの?
残念ながら、相部屋だと可能性はあります。特に貴重品や電子機器類は管理に注意しましょう。


②必要なものや寮の備品の確認方法は?
リゾートバイトでは、担当スタッフさんが案内を送ってくれますが、必要なリストの中に過不足があるので、気になることは色々と質問して聞いてみましょう。


③車・バイクの持ち込みは?
意外と持ち込みを許可しているリゾートバイトはあります。
中には、上限はありますがガソリン代を支給してくれるところも。
リゾートバイトは交通不便なところもあるので、事前に確認をしておいた方が良いです。


④ペットを連れて行くことはできる?
ほとんどのところでペットを一緒に連れていくことは禁止されています。
マリンスタッフ系なら何とかなりそうな気もしますが、連れて行かない方が無難です。
「どうしても!」っという人は相談してみてください。

 

リゾートバイト 派遣会社の早見表
①アルファスタッフ
運営:≫アルファリゾート
→「仲居」の求人多数。福利厚生充実(Tポイント付与、エグゼタイム)&個室寮の案件多め。

②グッドマンサービス
運営:リゾートバイト.com
→「時給は業界No.1」のリゾートバイト界の大御所。時給高めの案件が多数。

②ヒューマニック
運営:≫リゾバ.com
→求人数が豊富。特集多めで、自分に合う求人が見つけやすい!写真買取制度あり。

④アプリリゾート
運営:≫はたらくどっとこむ
→スタッフのフォローが手厚いので未経験者も相談しやすい!非公開の求人あり。交通費全額支給が来基本。

 

登録はHPより1~2分で無料で簡単にできます。登録したら必ずリゾートバイトへ行かないといけないというわけではないです。まずは、自分に合う求人があるか探してみましょう!
 

リゾートバイトの経験者が語る準備物

 

 
奥様はベトナム人
たにえるさんは、麦茶、スプーン、メモ帳、洗濯バサミ、雑巾、粘着コロコロを現地調達したようですね。

 

 
奥様はベトナム人
れぇさんの圧縮袋は有効活用できますね。荷物がコンパクトになるのはリゾートバイトでは嬉しい。
成真さんはトイレットペーパーや自炊道具もスーツケースへ。
完璧な事前準備ですね。
 
今回は以上です。
少しでも記事が参考になり、初めてのリゾートバイトで迷わず挑戦できたら幸いです。
気になる事があれば、担当スタッフさんに必ず確認しましょう!
 
関連記事

  奥様はベトナム人ゴールデンウィーク(GW)にバイトをしてお金を貯めたい。どこから申し込めばいいのか教えて欲しい。 こんなお悩みを解決します。この記事で紹介するゴールデンウィーク([…]

関連記事

 奥様はベトナム人ゴールデンウィーク(GW)にアルバイトでお金を貯めたいんだけど、おすすめのアルバイトある?どうやって探せばいいの?こんな悩みを解決します。この記事で紹介するゴールデンウ[…]

関連記事

 奥様はベトナム人ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトをしたい。リゾバ.comという会社を聞くけど実際どうなの?こんなお悩みを解決します。この記事では、ゴールデンウィーク([…]

関連記事

奥様はベトナム人ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトをしたい。アルファリゾートで応募しようと思うけどどうなの?こんなお悩みを解決します。この記事では、ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトをした[…]

関連記事

奥様はベトナム人ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトをしたい。「はたらくどっとこむ アプリリゾート」で応募をしようか迷っている。この記事では、ゴールデンウィーク(GW)にリゾートバイトの紹介をす[…]

Amazonチャージで更にお得に!
スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!