海外旅行初心者にはタイがおススメ

この記事は海外旅行初心者向けです。

私が韓国以外の国へ行ったのはタイのプーケットが始まりでした。

全世界からトレーニングを学びに160人が集まるセミナーへ参加しました。
(元々トレーナーです)

UFCのコナーマクレガーを指導した、Idoのトレーニングを学ぶために行きました。

もう3、4年前です。

Idoを知ってから、プーケットでトレーニングがあるのを見つけ、二週間でプーケット行きを決めました。

その時はシンガポール経由で初めての乗継を経験しました。

まぁ、英語も出来ないのに一人でよく行ったな、と。。。

ただ、海外の良さを知ってからは本当に色んな国へ行きたいなと思うようになりました。

勿論、言葉は分かった方が良いですが、英語が出来なくても何とかなるもんです。(今は翻訳アプリもありますからね)

ポケトークは、そこそこ精度良いようです。
アプリと違い、Wifiも必要ないので不安な方はあると便利でしょう。

 タイのバンコクも何度か行っていますが、本当に何でもありますし、海外旅行初心者はバンコクへ行くのが良いと思います。

スポンサードリンク

空港に到着したら、まずは両替を

ドンムアン空港とスワンナプーム国際空港がありますが、今回はドンムアン空港のお話。

空港に到着したら、銀行でバーツへ両替するか、ATMでお金を下ろしましょう。(2019/7/2時点 1バーツ=約3.5円)

両替は移動に必要な金額のみにした方が良いです。

因みに、バンコクではSuper Richがレートが良いと言われています。

バンコク市内のSuper Richの場所

バンコク市内への移動方法

■タクシーでの移動

ドンムアン空港の到着ロビー一階(到着ロビーを出て左側。セブンイレブンとは逆の方向)の8番出口にあります。

受付で順番を待ちドライバーが来るのを待ちます。
(ホテルの住所が分かる物を見せてください)

24時間対応で、バンコク市内まで300バーツ前後なので、タクシーが手っ取り早いでしょう。

※注意点
  • 有料道路を使用する場合は乗客負担。
  • 空港乗り入れ料として50バーツが必要(メーターには加算されません)。
  • メーターは35バーツから。必ず確認を。
■エアポートバスでの移動

バスは一階の5番出口で乗る事が出来ます。

  1. A1→BTSモーチット(Mo Chit)経由の北バスターミナル行き
    7:00〜24:00までの間、5分に1本
    料金:30バーツ
  2. A2バス BTS ヴィクトリーモニュメント(Victory Monument)行き
    7:00〜24:00までの間、30分に1本
    料金:30バーツ

  3. ルンピニーパーク行き(プラトゥーナムやセントラルワールド方面へ)
    7:00〜23:00までの間、20分〜30分に1本
    料金:50バーツ

  4. カオサンロード行き
    7:00〜23:00までの間、20分〜30分に1本
    料金:50バーツ

節約をするなら圧倒的にバス利用がおススメです。

■トゥクトゥクかBTSか

バンコク市内での移動は基本的にBTSかトゥクトゥクになります。

トゥクトゥクは言い値になるので、相場を知って価格交渉を行いましょう。

  • 徒歩で10分程度:約30~40バーツ
  • 徒歩で20分程度:約40~50バーツ
  • 徒歩で30分程度:約50~70バーツ
  • それ以上:70バーツ以上

渋滞やスコール、使用者が多い時は割高になります。

BTSは簡単に乗る事が出来ます。

目的地近くまでBTSを利用した方が安くすむでしょう。

料金は16〜59バーツで乗車駅から目的地までの距離によって運賃が決まります。
3~10バーツ刻みで料金が高くなっています。

一日で色々な所を周りたい人は「One-Day Pass」の購入をおススメします。

料金は140バーツで、購入日のみ有効となります。(24時間ではない)

数日間の滞在をする人は「Rabbit Card」

  •  Standard Rabbit cardはチャージして使用する事ができます。
    発行手数料:100バーツ
    初期チャージ金額:100バーツ
    チャージ可能金額:100~4000バーツ

  •  Fixed Price Trips On Rabbitは回数券タイプのチケットで乗車回数は15、25、40、50の間で選択可能です。
    15回券:465バーツ(乗車1回平均31バーツ)
    25回券:725バーツ(乗車1回平均29バーツ)
    40回券:1,080バーツ(乗車1回平均27バーツ)
    50回券:1,300バーツ(乗車1回平均26バーツ)

BTS乗り場に行くと、発券機があります。

紙幣が使えない機械もあるので、硬貨が無い場合は、チケット売り場で両替してもらいましょう。

One-Day PassとRabbit Cardはチケット売り場のみで購入可能です。

因みに、タクシー料金はこんな感じです。

通信環境

バンコクもWifi環境が豊富にありますので、困る事はないと思います。

【AIRSIMモバイル】 を使用すれば、世界90ヵ国以上で使用可能です。

使うときだけ、使用する国と期間を選択してパッケージを購入するだけ。

海外へ行く事が多い方は、これが一枚あるだけで便利になります。

日本でパッケージを購入して、Simを入れて旅行へ行けば、ほとんどの国で到着してすぐに使えます。

食事

日本人にも大人気のバンコク。

大きいショッピングセンターの地下やフードコートはほとんど日本食です。

勿論、路地裏に行けばローカルフードもあります。

カオサン通りに行けば、食べ歩きも出来、様々なお店が沢山あります。

Central Plazaは沢山のフードコートがあり、日本語ばかりで、日本にいると錯覚するくらいです(笑)

バンコクの詳しい様子は次回に書きたいと思います!!

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村


旅動画ランキング

スポンサードリンク

今回準備した物

新素材 防水バッグ
4.5

防災バッグにもなる、防水バッグのスマホ用防水ケース セットです。
ビーチへ行くと、荷物に困りますが、このバッグがあると汚れや水を気にすることがありません。
海外はスピードボートで移動する事も多く、水に濡れるので荷物やお金の管理をする為にも持っておくと便利です。

マリンシューズ
4

マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用
マリンスポーツでの裸足は危険です。
牡蠣殻や貝、毒を持った魚に刺される事があります。
怪我をしないためにもマリンシューズは必須です。

ラッシュガード レディース
4

女性に嬉しい 紫外線対策されたラッシュガード(豪華5点セット)
通気性、伸縮性に優れた素材を使って、フィット感がよく波の中でも動きやすいです。
肌を守るためにもビキニの上にラッシュガードがあるとマリンスポーツを楽しめます。

ラッシュガード メンズ
4

ラッシュガード メンズ 豪華二点・三点セット[UVカット UPF50+・吸汗速乾]
海外でのマリンスポーツは危険も伴います。
クラゲに刺されたり、岩で肌を傷つけない為にもラッシュガードをおススメします。

日焼け止め スーパーモイスチャージェル
4

スキンアクア (SKIN AQUA) 日焼け止め スーパーモイスチャージェル 潤い成分4種配合 光耐久技術採用 (SPF50 PA )
水にも強い日焼け止めです。
石けんでするんと落とせます。顔・からだ用で、化粧下地にもオススメです。

旅のお供おススメ機器

GoPro HERO7 Black
4

GoPro HERO7 Black
旅行に行くのにアクションカメラは必須です。
ハウジング無しで水中撮影ができ、映像、写真も綺麗です。
炎天下の中では、熱暴走もありますのでマイナス評価。
最新のGo Proが発売されたので、価格が下がった今がチャンス。

TELESIN GoPro 収納ボックス式 3ポートUSB充電器
4

収納ボックス式 3ポートUSB充電器
USB Type-Cで3個同時充電可能。
スマートLEDライトインジケータは、バッテリの過充電を防止し、赤色光は充電し、緑色光は充電完了を示します。
バッテリーを入れたまま持ち運べるので荷物にならず便利です。

SanDisk Ultra
4.5

【 サンディスク 正規品 】 10年保証 microSDカード 128GB
Class10のmicroSDカードがこの価格で買えるようになりました。
最大転送速度30MB/秒でGo Proの推奨SDカードです。

Anytek 指紋ロック
3.5

防水式の指紋認証ロックです。
この指紋ロックは最大10人の指紋IDが登録可能。
1回の充電で最大1000回の使用が可能。
海外旅行でのバックのロックにおススメ。

最新情報をチェックしよう!

旅ログの最新記事8件